【新設】動物医療カウンセラー養成講座のご案内

こんにち、多くの人々がペット動物(伴侶動物)を大切な家族の一員とみなすようになってまいりました。また、セラピ−動物や介助動物に支えられる人々も徐々に増えてきました。

しかし、動物とともに暮らす人々の増加にともない、一方で飼い主さんやユ−ザ−さんの間にさまざまな問題や困った出来事も起こってきています。
その飼い主さんやご家族に対して相談・助言・指導などを行なって困難や問題が解決・改善されるよう支援するニ−ドが生じてきました。

そのなかで、傷病動物や高齢動物などが適切な治療や看護が受けられるように飼い主さんやご家族を援助する活動が動物医療カウンセリングです。

動物医療カウンセリングの実践者を動物医療カウンセラ−といい、飼い主さんやユ−ザ−さんがかかえる心理的な悩みや社会生活を営む上での問題を地域の施設や種々のサ−ビス機関(社会資源)を活用しながら解決や調整をはかる手助けをします。

これが動物病院であれば、動物の受診・受療や入院・退院にあたって飼い主さんの社会的、心理的、経済的な問題を支援します。これはたとえば、動物が病気や高齢になったり、幼弱のために不安を抱く飼い主さんの気持ちを静めたり、仕事とペット動物の介護の両立に悩んでいる人にアドバイスをしたり、飼い主さんや周囲の環境が原因でペット動物に支障が起こったり症状が出る場合の対処であったりします。

また、ペット動物と快適に暮らせる住宅の解決に向けて援助をはかったり、治療費の支払いに困っている方に助言したり、先立つ高齢者の飼い主さんの心配(私が先に死んだら、遺されるあの子はどうなるの…?)の相談にのったり、そして大切なこととしてペットロスの悲しみに暮れる人々や、これから別れを迎える飼い主さんへの精神的ケアであったりします。

欧米では、ちょっと大きな動物病院に行くと獣医療カウンセラ−や獣医療ソ−シャルワ−カ−が勤務しており、動物とともに生活する飼い主(ユ−ザ−)さんに起こる種々の問題をサポ−トしています。

よって、今後わが国においても動物が人間に計り知れないほど大きな影響を及ぼすことが理解されるにともなって、この分野の重要性はいっそう認知されていくであろうと思われます。

*


ぺットオ−ナ−を支援するスペシャリストを目ざす 
動物医療パラ(準)カウンセラ−養成講座開催 
 受講生募集(通信講座)

 講座の目的

動物病院等において飼い主への心理的、社会的な支援サ−ビスを提供する動物医療パラ(準)カウンセラ−として実務を行なううえで必要な基礎知識と理念および技能の修得を目的とします

 講座の主な内容

「飼い主援助論」と「ペットロス・パラカウンセリング」の2講座があります
   
「飼い主援助論」(全21講)の概要
   
1. ペット・動物専門者の社会的役割と使命
2. 飼い主理解と支援ー信頼される動物専門者とは・インフォームド・コンセントと納得診療
3. 動物医療カウンセリング・動物医療ソ−シャルワ−クの基礎と実際
4. 動物の弔いと飼い主のグリーフ・ケア
5. 動物専門者のためのコミュニケーション・スキル・トレーニング(CST)
6. 盲導犬・介助犬と障がい者支援
7. 実習・実技指導 他
  ※この講座は通信講座です
   
「ペットロス・パラカウンセリング」(全12講)の概要
   
1. ペットロスの基礎知識
2. 終末期にあるペットを看取る飼い主の心理と援助
3. 高齢期にあるペットのケアと飼い主の死別への準備教育
4. ペットの安楽死・尊厳死相談の理念と実際
5. ペットロスのグリ−フ(悲嘆)カウンセリングの基礎理論
6. ペット動物(伴侶動物)・セラピー動物と人間のメンタルヘルス
7. ヒュ−マン・アニマルリレ−ション(人間・動物関係)とアニマル・アシステッド・サイコセラピ−の基礎知識
8. 面接実習指導 他
  ※この講座は「ペットロス・パラカウンセラ−養成講座」と同一カリキュラムであり、通学と通信講座があります。通信講座の詳細はこちらをクリック

 受講対象

1. 動物病院カウンセラ−や動物ソ−シャルワ−カ−を志すボランティア活動家、動物福祉の活動家、ペット愛好家、学生
2. 動物医療カウンセリングや動物医療ソ−シャルワ−クの知見を必要とする動物医療従事者、ペットの専門者、ペット霊園関係者、保健医療看護・社会福祉専門者など
  ※書類選考(履歴書と作文)および面接により決定
※面接費 5,000円(所要時間、1時間)
※遠距離の方や、ご都合のつかない方は電話で面接を行います

このページのトップへ
 講座日程

●「飼い主援助論講座」は随時、受講できます。全12回(計24時間)および補講9回(計27時間)を収録したCD(計21枚)と教材をはじめに配布します

●「ペットロス・パラカウンセリング講座」は「ペットロス・パラカウンセラー養成講座」の日程と同じです。通学は毎年4月と10月に開講、いずれも毎月2回(第2・第4土曜日の 午後1時30分〜午後5時)の半年間、全12回(計42時間)。 通信講座の場合は随時、開始できます


 講師

森谷 孝雄 (モリヤ動物病院院長、獣医師)
カタリナ房子 (伴侶動物との別れを癒す会主宰・作家)
本多 英里 (オープンハート主宰、健康心理士)
松尾  雅 (早稲田大学大学院人間科学研究科、臨床心理士)
松山 知英 (元松山医院、医療ソ−シャルワ−カ−)
角田 祐子 (日本盲導犬協会 ・ 心の事業部主任、ペットロス・カウン
セラー)
高橋 達治 (日本ペット訪問火葬協会理事長・ペットパパ代表取締役)
笠原 理絵 (国際コンピュータービジネス専門学校・ペットビジネス学部
主任、獣医師)
白澤 実 (アイペット探偵局代表、ペットレスキューの第一人者)
近藤 浩子 (グリーフケアサポートオフィス・リベラ代表、臨床心理士)
武田 英司 (鍼灸師・盲導犬クラブ山形瞳の会代表)
横田 晴正 (僧侶・ペット霊園ソウルメイト長福寺住職)
森  篤志 (動物葬儀の専門家・慈妙院動物霊園営業部長)
トシ 西浦 (横浜フォトアカデミー主宰・トシ西浦心理学研究所所長)
松井 匠作 (多摩大学・医療リスクマネジメントセンター・フェロー)
山賀瀬礼奈 (おゆみ野動物病院・獣医師)

吉田 千史

(日本ペットロス協会、動物医療カウンセラ−・獣医師)他

 会場
ペットロス・パラカウンセリング講座(通学およびスクーリング)



日本ペットロス協会
神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4 マインドセラピ−百合丘内
 ※小田急線「新百合丘」駅下車、「聖マリアンナ医大」行きバスに乗り
 「原店前」下車、「生田病院」方向に徒歩5分
このページのトップへ
 特典

1. 本講座の修了者(課題の完了ならびに筆記試験の合格を原則とする)には 「日本ペットロス協会認定動物医療パラカウンセラ−」証を交付します。
2. 「動物医療パラカウンセラー」認定者は協会認定の「動物医療カウンセラー」となる道が開かれます(上級クラスとして「動物医療カウンセラー養成講座」があります)
3. 本講座の「ペットロス・パラカウンセリング講座」修了時には、「日本ペットロス協会認定ペットロス・パラカウンセラ−4級」証が取得でき、上級の「ペットロス・カウンセラ−養成講座」に進む道が開かれます
.

 受講料

飼い主援助論講座[通信講座]
131,000円(消費税込)
   
ペットロス・パラカウンセリング講座[通学または通信講座]
182,500円(消費税込)
  ※この費用には、認定証書代(50,000円)が含まれていません。




※分納可     
※「日本ペットロス協会認定ペットロス・パラカウンセラ−」有資格者は「飼い主援助論講座」のみの受講となります

お問い合わせ先

〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4
マインドセラピー百合丘内
日本ペットロス協会
TEL 044-966-0445

このページのトップへ
ペットロス・パラカウンセリング講座の
通信教育について

遠距離の方や、曜日(第2・第4土曜日の午後)のご都合がつかず通学できない方は、自宅で学習を進めることができます。

この通信講座では、今期の講義を吹き込んだCDと学習資料によって学んでいただき、質疑は電話・FAX・メール・手紙等を利用します。

詳細はお問い合わせ下さい。

このページのトップへ
back Home next
御質問・お問い合わせはこちらまでお願いします
電話 044-966-0445
受付 午前10時〜午後8時