ペットロス・カウンセラー養成講座のご案内

伴侶動物との関係が親密になっている今、その別れによって深く悲しんだり、ひどく落ちこむ人々が増えてきています。

しかし、現在その人達に適切に対処し、カウンセリングを行える人材が不足しているのです。 日本ペットロス協会ではペットロスのケアができる専門者および準専門者・ボランティア活動家を養成する 目的で この講座を開いています。

平成12年10月に始めてから、ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座を修了して本協会が認定するペットロス・パラカウンセラーとなった人は計172名います。
受講者にはペットの専門者や動物医療従事者・ペット霊園関係者をはじめ、精神保健や医療・福祉関係者のほかに動物福祉の活動家やペット愛好家・学生もいます。

参加者は首都圏の他に北海道から沖縄・香港までおり、修了後はお仕事に役立てたり、ボランティアとして活動するなど各方面で活躍しています。
※「受講者の声」はこちら をクリック

また、通学できない方のために通信講座があります。これは毎回の講義を吹き込んだCDを自宅で聴講して学習を進めていただきます。
※詳細はこちら をクリック

なお、どのような講座なのか見学したいという方のために1日体験講座を行っています。
※詳細はこちら をクリック

また、平成15年10月からペットロス・パラカウンセラー養成講座を修了して認定ペットロス・パラカウンセラーとなった人を対象にペットロス・カウンセラー養成講座を開催しています。この上級クラスでは、ペットロス・カウンセラーとなるための専門教育を2年間にわたって行っており、現在7期目を迎えています(修了者は計27名)
※詳細はこちら をクリック

カウンセラー養成講座風景

■ペットロス・カウンセラー講座のご案内
ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・基礎コース
ペットロス(ペットとの別れ)ならびに飼い主・ペット関係の正しい知識の修得を目的とする基礎となる講座です。
ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・実践コース
ペットロスのパラ(準)カウンセラーとして必要な知識と技能を実践的に学習します
※基礎コース修得者が対象です。
ペットロス・パラカウンセラー養成講座の通信講座について
遠距離の方や、曜日(第2・第4土曜日の午後)のご都合がつかない方などは、ご自宅で学習を進めることができます。
ペットロス・パラカウンセラー養成講座の1日体験学習について
どのような講座なのか知りたい、見学したいという方のために、1日体験講座を開いています。
ペットロス・カウンセラー養成講座開催
ペットロス・カウンセラーとして臨床実務を行なううえで必要な専門知識とスキルの修得を目的とします。
※ペットロス・パラカウンセラー修得者が対象です。

伴りょ動物との別れを癒すスペシャリストを目ざす
第34期 ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・基礎コース 開催
平成29年度10月 受講生募集(通学・通信講座)

 講座の目的

ペットロス(ペットとの別れ)ならびに飼い主・ペット関係の正しい知識の修得を目的とします。ペットを亡くした方や、これから失う方への心理的社会的援助を補助するペットロスのパラ(準)カウンセラーとなるために必要な知識と技能の基礎を学習します(通信講座併設)。
※詳細はこちらをクリック

 講座の主な内容

1. ペットロスの基礎知識(定義、分類、エピソード症状、対処法)
2. ペットを看取る飼い主の心理と援助
3. 高齢期・傷病期にあるペットのケアと飼い主へのペットの死の準備教育
4. ペットロスのグリーフ(悲嘆)カウンセリングの考え方と進め方
5. ペットの安楽死・尊厳死相談の理念と実際
6. 動物医療ソーシャルワーク・動物医療カウンセリングの基礎知識
7.
ペット動物(伴りょ動物)・補助犬(セラピー動物)と飼い主(ユーザー)のメンタルヘルス
8. ヒューマン・アニマルリレーション(人間・動物関係)とアニマルセラピー、とくにアニマル・アシステッド・サイコセラピー(レビンソン法)の基礎知識
※詳しい講座内容はこちらをクリック

 受講対象

1. ペットロスについて学び、その知見を援助に役立てたいペット愛好家・ ボランティア活動家・学生
2. ペットロス・ケアの知識を必要とするペット・動物専門者、動物医療従事者、または医療看護・福祉・教育・心理等の関係者、ペット葬祭従事者など
  ※書類選考(履歴書と作文)により決定

講座のご案内へ このページのトップへ
 期間

■通学は、平成29年(2017年)10月14日(土)から平成29年(2017年)12月23日(土)までの毎月2回(第2・第4土曜日、午後1時30分〜午後5時)の3ヵ月間、全6回(計21時間)。
※途中から受講することもできます。その場合、出席できなかった講座は通信講座と同様CDによって自宅学習をしていただくか、次期の講座開催時に出席して補うかのいずれかを選んでいただきます。

■通学講座は、原則として毎年4月と10月に開催します。
※通信講座は、原則として通学と同時に始まりますが、ご希望があれば月日に関係なく、いつからでも受講できます。ご連絡ください。


 講師

吉田 千史
(ペットロス・カウンセラー、獣医師、日本ペットロス協会代表理事、「ペットロス 110番」主宰)他

 会場

日本ペットロス協会
〒215-0012 神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4
最寄り駅 小田急線・新百合ヶ丘駅
 ※新宿駅から急行(または快速急行)で約25分
 ※新横浜駅から横浜線経由で約40分
 ※羽田空港からは高速バスで約70分

講座のご案内へ このページのトップへ
 特典

1. 本講座の修了者(課題の終了を原則とする)は、ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・実践コースに進むことができます。
2. ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・実践コースの修了者は、日本ペットロス協会認定ペットロス・パラ(準)カウンセラー証を交付し、本協会準会員として登録します(その後、更新により進級)。
3. ペットロス・パラカウンセラー認定者は、上級のペットロス・カウンセラーの資格取得の道が開かれます。また、ペットロス・パラカウンセラー認定者は、他の講座「飼い主援助論」(通信講座)を受講することにより「動物医療パラカウンセラー」資格を得ることができます。
4. 本講座の受講者は、定期的に開かれる弊協会主催の研修会に参加できます。この研修会では、ペットロスに関する最新情報のほかに、動物の介護や病気の知識、飼い主支援の方法などを実践的に学びます。

 受講費

受講費(全6回・3か月) 78,000円(税込)※通信講座も同じ
教材費  6,000円(書籍、資料集、DVD)
※通信講座では、この他にCD6枚がつきます。
※受講費は2〜3回の分納ができます。お問い合わせください。

講座風景と教材
※本講座についての関連項目はこちらをクリック
お問い合わせ先

日本ペットロス協会
〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4
Tel: 044-966-0445
Fax: 044-966-7807
E-mail: jpls2600@xqj.biglobe.ne.jp
http://www5d.biglobe.ne.jp/~petloss/

小田急線・新百合ヶ丘駅からバスをご利用の場合(歩く時間を入れて所要時間約30分)⇒新百合ヶ丘駅南口から「聖マリアンナ医大」行きバス(7番ターミナル)に乗り「原店前(はらみせまえ)」下車。バス後方のT字路(かどが美容院)を右に曲がり生田病院方向に徒歩4分。オレンジ色の3階建て建物の10メートルほど手前の小道を左に曲がり(生田教会の看板あり)、右から3軒先の路地を右に入ったつきあたりのグレーの2階建ての建物。駐車場あり。

新百合ヶ丘駅からタクシーをご利用の場合(所要時間7〜8分、昼間1,000円以内)⇒新百合ヶ丘駅南口・北口のどちらからでも乗れます。運転手さんに、「生田(いくた)病院の手前のライオンズテラスの駐車場の前でおろして下さい」といってください。そこから徒歩で、ライオンズテラスの駐車場の向かいの小道に入り(生田教会の看板あり)、右から3軒先の路地を右に曲がったつきあたりのグレーの2階建ての建物。


講座のご案内へ このページのトップへ

伴りょ動物との別れを癒すスペシャリストを目ざす
第34期 ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・実践コース 開催
平成30年度1月 受講生募集(通学・通信講座)

 講座の目的

ペットロスの悲嘆者ならびに、これからペットを失う方への支援の仕方やカウンセリングの進め方の修得を目的とします。ペット動物(伴りょ動物)の飼い主への心理的社会的支援を補助するペットロスのパラ(準)カウンセラーとして必要な知識と技能を実践的に学習します(通信講座併設)。

 講座の主な内容

1. ペットロス・ケアの実践的知識
2. 終末期にあるペットを看取る飼い主への対処法
3. 高齢期・傷病期にあるペットの飼い主へのペットの死の準備教育
4. ペットロスのグリーフ(悲嘆)カウンセリングの進め方
5. ペットロスを重くしないための事前の対策
6. 動物医療ソーシャルワーク・動物医療カウンセリングの基礎知識
7. ペット動物(伴りょ動物)・補助犬(セラピー動物)と飼い主(ユーザー)の メンタルヘルス
8. ヒューマン・アニマルリレーション(人間・動物関係)とアニマルセラピー、とくにアニマル・アシステッド・サイコセラピー(レビンソン法)の実践的知識
9. 面接実習指導 他
※詳しい講座内容はこちらをクリック
 受講対象

ペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座・基礎コースの修了者、または修了見込者
※基礎コースの学習状況の評価により決定

講座のご案内へ このページのトップへ
 期間

■通学は、平成30年(2018年)1月13日(土)から平成30年(2018年)3月24日(土)までの毎月2回(第2・第4土曜日、午後1時30分〜午後5時)の3ヵ月間、全6回(計21時間)。
※途中から受講することもできます。その場合、出席できなかった講座は通信講座と同様CDによって自宅学習をしていただくか、次期の講座開催時に出席して補うかのいずれかを選んでいただきます。

■通学講座は、原則として毎年1月と7月に開催します。
※通信講座は、原則として通学と同時に始まりますが、ご希望があれば月日に関係なく、いつからでも受講できます。ご連絡ください。


 講師

吉田 千史
(ペットロス・カウンセラー、獣医師、日本ペットロス協会代表理事、「ペットロス 110番」主宰)他

 会場

日本ペットロス協会
〒215-0012 神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4
最寄り駅 小田急線・新百合ヶ丘駅
 ※新宿駅から急行(または快速急行)で約25分
 ※新横浜駅から横浜線経由で約40分
 ※羽田空港からは高速バスで約70分

講座のご案内へ このページのトップへ
 特典

1. 本講座を修了(課題の終了と試験の合格を原則とする)した方には「日本ペットロス協会認定ペットロス・パラ(準)カウンセラー4級」証を交付し、本協会準会員として登録します(その後、更新により進級)。
2. 「ペットロス・パラ(準)カウンセラー」認定者は、協会認定の「ペットロス・カウンセラー」の資格取得への道が開かれます。また、本協会主催の他の講座(飼い主援助論[通信講座])を受講することにより「動物医療パラカウンセラー」資格を得ることができます。
3. 本講座の受講者は、定期的に開かれる弊協会主催の研修会に参加できます。この研修会では、ペットロスに関する最新情報のほかに、動物の介護や病気の知識、飼い主支援の方法などを実践的に学びます。

 受講費

受講費(全6回・3か月) 93,000円(税込)※通信講座も同じ
教材費 5,500円(資料集、ファイル(ペットロスQ&A)、DVD、CD)
※通信講座では、この他にCD6枚がつきます。
※ペットロス・パラカウンセラーの認定証書の交付には、この他に50,000円(審査料・送料を含む)がかかります。
※受講費は分納できます。お問い合わせください。

講座のご案内へ このページのトップへ

ペットロス・パラカウンセラー養成講座の
通信講座について

遠距離の方や、曜日(第2・第4土曜日の午後)のご都合がつかない方などは、ご自宅で学習を進めることができます。

この通信教育では、毎回の講義を吹き込んだCDと学習資料を一括または、隔週ごとに郵送致します。また、毎回の課題(提出レポート)は郵送していただき、質疑は電話・FAX・メール・手紙等を利用して行います。

この通信講座は自宅で学習を続ける以外、通学の場合と比べ修了や認定の条件は変わりません。

なお、この通信教育は、通学による講座(4月と10月に開始)と同時に始まりますが、ご希望があれば日時に関係なく、いつからでも開始できます。
詳細はお問い合わせ下さい。

 
講座のご案内へ このページのトップへ

ペットロス・パラカウンセラー養成講座の
1日体験学習について

どのような講座なのか知りたい、見学したいという方のために、
1日体験講座を開いています。どうぞ、ご参加ください。

ペットロス(ペットとの別れ)の正しい知識や、ペットを亡くした方へのケア法、ペットを看取る飼い主さんへの支援の仕方、人間と動物の関係学やアニマルセラピーなどについて学びます。

詳細はお問い合わせ下さい。


日時

毎月第2・第4土曜日(13:30〜15:00)
変更することがありますので、事前にお電話でご確認ください。

会場

日本ペットロス協会

小田急線・新百合ヶ丘駅から聖マリアンナ医大行きバスで原店前下車、徒歩5分

講師

吉田千史(ペットロスカウンセラー、獣医師)他

体験講座費用

2,500円
資料費・お茶お菓子代を含みます。
受講にあたっては前日までにお電話をください。
 (当日、不可)

 
講座のご案内へ このページのトップへ

伴侶動物との別れを癒すプロフェッショナルを目ざす
第8期 ペットロス・カウンセラー養成講座開催
平成30年度 受講生募集(通学・通信講座)

 講座の目的

ペットロス体験者や、ペット動物(伴侶動物)が高齢期・終末期にある飼い主を援助するペットロス・カウンセラーとして臨床実務を行なううえで必要な専門知識とスキルの修得を目的とします[通信講座併設]

 講座の主な内容

1. ペットロスのグリーフ(悲嘆)カウンセリングの理論と実際
2. 通常でないペットロスとグリーフ(悲嘆)セラピーの手技
3. 近親死とコンパニオン・アニマル死の比較検討
4. ヒューマン・アニマルリレーション(人間・動物関係)研究
5. ペット喪失と死生学
6. 事例検討
7.
個人面接法とグループ・アプローチ法指導
8. 動物病院実習・動物霊園実習 他

 受講対象

「日本ペットロス協会認定ペットロス・パラ(準)カウンセラー」有資格者および資格取得見込者
※書類選考により決定

 定員

少数名

講座のご案内へ このページのトップへ
 期間

2018年(平成30年)4月7日(土)から2020年 (平成32年)3月7日までの毎月1回(第1土曜日、午後1時30分〜5時)の2年間、全24回(前期12回、後期12回)
※通信講座は随時、受講可

 講師

吉田 千史
(グリーフカウンセラー・獣医師、日本ペットロス協会代表理事、「ペットロス110番」主宰)他

 会場

日本ペットロス協会
〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合丘1−1−4
※小田急線「新百合ヶ丘」駅下車、「聖マリアンナ医大」行きバスに乗り「原店前」下車、徒歩5分

講座のご案内へ このページのトップへ
 特典

1. 本講座を修了した方(課題の完了ならびに試験の合格を原則とする)には「日本ペットロス協会認定ペットロス・カウンセラ−2級」証を交付し、本協会正会員として登録します(その後、更新により進級)。
2. 「ペットロス・カウンセラ−2級」認定者は、実務経験を積んだうえで本協会の主宰するペットロス110番活動への参加協力が可能となります

 受講料

前期課程(1年間)232,500円(消費税込)
後期課期(1年間)232,500円(消費税込)
 ※通信講座も同様
 ※分納できます

講座のご案内へ このページのトップへ

お問い合わせ先

日本ペットロス協会
〒215-0012
神奈川県川崎市麻生区東百合丘1-1-4
Tel: 044-966-0445
Fax: 044-966-7807
E-mail: jpls2600@xqj.biglobe.ne.jp
http://www5d.biglobe.ne.jp/~petloss/

小田急線・新百合ヶ丘駅からバスをご利用の場合(歩く時間を入れて所要時間約30分)⇒新百合ヶ丘駅南口から「聖マリアンナ医大」行きバス(7番ターミナル)に乗り「原店前(はらみせまえ)」下車。バス後方のT字路(かどが美容院)を右に曲がり生田病院方向に徒歩4分。オレンジ色の3階建て建物の10メートルほど手前の小道を左に曲がり(生田教会の看板あり)、右から3軒先の路地を右に入ったつきあたりのグレーの2階建ての建物。駐車場あり。

新百合ヶ丘駅からタクシーをご利用の場合(所要時間7〜8分、昼間1,000円以内)⇒新百合ヶ丘駅南口・北口のどちらからでも乗れます。運転手さんに、「生田(いくた)病院の手前のライオンズテラスの駐車場の前でおろして下さい」といってください。そこから徒歩で、ライオンズテラスの駐車場の向かいの小道に入り(生田教会の看板あり)、右から3軒先の路地を右に曲がったつきあたりのグレーの2階建ての建物。


このページのトップへ
back Home next
御質問・お問い合わせはこちらまでお願いします
電話 044-966-0445
受付 午前10時〜午後8時