日本ペットロス協会

最愛のペット(伴侶動物)との別れ…

私たちにとって大切なものとの別れは悲しいのが自然なのですが、それに社会の無理解が加わると立ち直るのが難しくなってしまいます。

しかしその時、適切なカウンセリングを行えば、回復に向かうことができるのです。

私たち日本ペットロス協会はそのような方がたを少しでもサポートできればと思っています。

また、弊会ではペットロス・カウンセラーの養成講座をはじめとして、ペットロス検定の実施や、人間と動物の関係についてのさまざまなセミナーを開催しています。


《 インフォメーション 》
 
代表者 プロフィール

* 吉田 千史(よしだ ちふみ)
1953年静岡県三島市生まれ。
麻布獣医科大学(現・麻布大学獣医学部)、駒澤大学仏教学部、駒澤大学大学院心理学博士課程で獣医学、仏教学、臨床心理学を学ぶ。ペットロス・カウンセラー、獣医師。

現在、日本ペットロス協会代表理事(神奈川県川崎市)。 元大学講師。1996年、コンパニオン・アニマルロス・サポート・ホットライン「ペットロス110番」を立ち上げ、ペットロスのグリーフ(悲嘆)カウンセラーとしてペット(伴侶動物)を 失った人々や終末期にあるペット(伴侶動物)を看取る飼い主へのカウンセリング、心理相談に従事。また、ペット(伴侶動物)とともに暮らす飼い主に起こるさまざまな問題や困難の解決・調整をはかる動物医療カウンセリング、動物医療ソーシャルワークに携わっている。

2000年よりペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座、2003年よりペットロス・カウンセラー養成講座、2006年より動物医療パラ(準)カウンセラー養成講座を開講している。
監修書に『天国にいるペットへの手紙第1集』『同第2集』(アスペクト)、 訳書に『ペットロス・ケア』(読売新聞社)、 監修ビデオに『ペットロス〜悲しみから癒しへ』(シネマワン・プロダクション) 等がある。

 
Home next
御質問・お問い合わせはこちらまでお願いします
電話 044-966-0445
受付 午前10時〜午後8時