十和田市サッカー協会 シニア委員会

記事一覧

ジャガー・ルクルトがホモ・ファベール展に参加

ジャガー・ルクルトスーパーコピーが、2022年春、ヴェネチアで開催されるホモ・ファベール展に参加することを発表しました。2022年4月10日~5月1日までサン・ジョルジョ・マッジョーレ島で開催されるホモ・ファベール展は、世界各国の才能あふれる職人たちのノウハウとユニークな物語を称え、極めて優れたアイテムを作り出す貴重な職人技に敬意を表したものです。

スーパーコピー 代引き

網羅する範囲および開催の規模をこれまで以上に拡大したこの第2回目のホモ・ファベール展では、フォンダツィオーネ・ジョルジオ・チーニの壮大な空間に15の展示を設営し、世界30か国350人以上のデザイナーと職人による作品をご覧いただきます。クラフツマンシップのさまざまな側面に焦点を置いた各展示をご覧いただけるこの美術展では、日本美術界で最高の賞を受賞した12人の日本の人間国宝だけでなく、ヨーロッパのたぐい稀な技術を持った職人たちが取り上げられています。2022年、ホモ・ファベール展では、これらの昔ながらのスキルを経済的に成立させ、新しい世代への伝承を確実に行うことがクラフツマンシップを守り続けるために重要であり、これによってよりインクルーシブで持続可能な未来が促進されることを主張します。

JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト) ジャガー・ルクルトがホモ・ファベール展に参加

時計製造における卓越したノウハウによって選ばれたジャガー・ルクルトは、ラグジュアリーアイテムの創作の裏側にある複雑な工芸技術へのオマージュ、「装飾の系譜(Genealogies of Ornament)」展で14のラグジュアリー メゾンの1つとして登場します。著名なエキシビションクリエイターであり、ファッションキュレーターでもあるジュディス・クラークが手がけたこの展示は、工芸品、より広い意味でのアート、そしてデザインの世界とのつながりを強調しています。それは、クラフツマンシップの変革力を示すことであり、世代間で受け継がれる伝統を有する工芸品の系統(または系譜)を明らかにすることです。

時計製造と装飾芸術の両方における職人の才能と蓄積された専門知識を称えるため、ジャガー・ ルクルトはアトモス時計に敬意を表します。壮麗なヘリテージアイテムと現代的な最新モデルの展示に加えて、来場者はアトモス時計のさまざまな要素に施されたマニュファクチュールの熟練した職人による仕事を観察することができます。1928年に発明されたアトモスは、時計でありながら芸術作品でもあり、これまでの90年の歴史の中で、一流デザイナーや職人たちによって絶えず新たな解釈が施されてきました。こうして、真の意味でのアイコンとなったアトモスは、スイスのクラフツマンシップと創意工夫の象徴として世界中で認められています。

ホモ・ファベール展は、2022年4月10日~5月1日まで、ヴェネチアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島にあるフォンダツィオーネ・ジョルジオ・チーニで一般公開されます。
インフォメーションおよびチケットはこちら https://www.homofaber.com/

JAEGER-LECOULTRE(ジャガー・ルクルト) ジャガー・ルクルトがホモ・ファベール展に参加
アトモスについて

1928年に誕生したアトモスは、ほかに類を見ない時計です。スイス人エンジニア、ジャン=レオン・ルターによって発明されたこの時計は、従来の動力源や再度の巻上げを必要とせずに何世紀にもわたって動き続けており、一見物理法則に反しているようにも見えます。実は、この機構は日常的な気温の変化によって駆動しています。2日間の稼働時間を確保するには、摂氏1度の変化があれば十分です。ジャガー・ルクルトはアトモスの特許を取得して以来、マニュファクチュールの時計製造技術を活用して継続的に技術を向上させるだけでなく、創造的な才能を活かして時計の美しさを高めてきました。その結果、この芸術作品が誕生したのです。アトモス Iのアールデコ デザインをベースにしたガラスキューブはすぐに多くの人に知られるクラシックなものとなりましたが、その一方でジャガー・ルクルトは有名デザイナーや熟練した職人たちと共にアトモスのスペシャルエディションを製作してきました。
https://www.jaeger-lecoultre.com/


ホモ・ファベール展について
ミケランジェロ財団のクリエイティビティ&クラフツマンシップ部門が主催するホモ・ファベール展は、職人の才能を讃える国際的な美術展です。ライブ デモンストレーション、没入型のデジタル体験、想像力に富んだ手作り作品の展示を通じて、印象的な多種多様な素材、技術、スキルを紹介しています。2022年は、より持続可能でインクルーシブな未来を創造するための工芸品の役割にフォーカスし、スーパーコピー工芸品と芸術およびデザインの世界とのつながりを体験していただける貴重な機会が提供されます。世界的に有名なキュレーターとデザイナーがチームで作り上げた 15 の展示が、ヴェネチアのサン・ジョルジョ・マッジョーレ島にあるフォンダツィオーネ・ジョルジオ・チーニの壮大な空間を一変させます。ヤング アンバサダー プログラムに参加している学生によるガイドツアーをご利用いただけます。この美術展に関連して、ホモ・ファベール・イン・チッタでは、来場者がヴェネチア全体のクラフツマンシップを体験できるように、オーダーメイドの旅が用意されています。
https://www.homofaber.com/

カルティエ「タンク ルイ カルティエ」「タンク マスト」

タンク ルイ カルティエ
カルティエスーパーコピー 代引きにとって“時間”とは、“現在”を意味します。無駄を削ぎ落としたライン、明確なフォルムと完璧なプロポーションによって創られたカルティエのウォッチは、常に現代を表現しどの時代にも存在感を示すと共に未来にも続く永遠性を保ちます。「タンク」ウォッチは現代性と永遠性を示す代表的な存在であり、いつの時代においてもその輝きは色褪せることはありません。
スーパーコピー 代引き
「タンク」から「タンクルイカルティエ」へ。インスピレーションの回帰
 シグネチャーである2本の平行する縦枠、ブレスレットの延長線上に配されたピュアなレクタンギュラー。それが、1917年に誕生して以来、世代を超えて愛されてきた「タンク」です。豊かな可能性を秘めたこの発想は、ルイ・カルティエが言うところの「根本精神」であり、無数の派生モデルを生み出してきました。

 1922年になると「タンク」のデザインは再解釈され、ケースが伸び、縦枠は細くなり、角は丸みを帯びました。それが「タンク ルイ カルティエ」であり、1977年に誕生した姉妹モデルの「レ マスト ドゥ カルティエ」ウォッチではモノクロームのダイアルも登場しています。

 2021年に発表された「タンク ルイ カルティエ」は、1980年代の「レ マスト ドゥ カルティエ」ウォッチに採用された「レクタンギュラーの中にレクタンギュラー」のモチーフがダイアルに再現されました。

Cartier(カルティエ) 2022新作 カルティエ「タンク ルイ カルティエ」「タンク マスト」
レッド&グレー、技術革新とモノクロームの色合い
 2022年の「タンク ルイ カルティエ」は、鮮烈なモノクロームのダイアルで大胆なエレガンスを披露します。カラーは、カルティエを代表するレッド、そしてカルティエ ウォッチに使われているチャコールグレーです。一方でシンプルさも追求し、通常は12個ある数字インデックスを4個に絞り、レイルウェイ ミニッツトラックも省かれています。

 この「タンク ルイ カルティエ」は一見すると単色ですが、光の角度や見方に応じて色合いや深みが表情を変えます。この効果を得るために、カルティエの時計職人たちはメゾン史上初めて、高精度でのマーキングを可能とする革新的な技術、電解エングレービングを活用しました。この技術は、見えない網目をさまざまな方向に施すことで模様をつくりだし、1980年代の「レ マスト ドゥ カルティエ」ウォッチのダイアルが描くグラフィカルなモチーフを再現しています。着色に用いられた技術はカラーによって異なり、レッドのダイアルにはラッカー仕上げが、グレーのダイアルにはガルバニック仕上げが施されています。その後、光沢のある転写を何層も重ねてダイアルに施し、ローマ数字を浮かび上がらせています。エングレービング加工は反射のきらめきと光の変化を生み出し、色彩の見え方を変えます。

Cartier(カルティエ) 2022新作 カルティエ「タンク ルイ カルティエ」「タンク マスト」
「タンク マスト」にブラックモデルが登場
 この2つのモデルの他にも、「タンク ルイ カルティエ」は、漆黒のダイアルを備えるラディカルで鮮烈な第3のモデルを展開します。ラッカ ーの放つ光沢は、ゴールドのケースがもつ輝きとコントラストを描きます。

 ふたつの時計は同じ源流を持ちながら、どちらも強烈な個性を備えたタイムピースです。「タンク マスト」は1970年代から1980年代の精神そのものであり、「タンク ルイ カルティエ」の初期作品がもつデザインをスティールで表現しています。高い潜在力を秘めるそのデザインは、カルティエの時計職人たちのインスピレーションを育み、創造性の探求に絶え間ないサイクルを生み出してきました。

 2021年にデザインが刷新され「タンク ルイ カルティエ」のデザインが踏襲された「タンク マスト」は、今回の2022年モデルではブラックのダイアルを特徴としています。シンプルでタイムレスなこのスティール製ウォッチには、妥協のない、まさに個性そのものが備わっています。この新作にはラージモデルとスモールモデルが揃えられています。
スーパーコピー 代引き
Tank Louis Cartier
タンク ルイ カルティエ
Ref:CRWGTA0093
ケースサイズ:33.7×25.5mm
ケース厚:6.6mm
ケース素材:イエローゴールド
ストラップ:レッドアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.1917 MC(マニュファクチュール)、毎時21,600振動、約38時間パワーリザーブ、19石
仕様:時・分表示、リューズにサファイア カボション
予価:1,636,800円(税込)

スーパーコピー 代引き
Tank Louis Cartier
タンク ルイ カルティエ
Ref:CRWGTA0092
ケースサイズ:33.7×25.5mm
ケース厚:6.6mm
ケース素材:ピンクゴールド
ストラップ:グレーアリゲーター
ムーブメント:手巻き、Cal.1917 MC(マニュファクチュール)、毎時21,600振動、約38時間パワーリザーブ、19石
仕様:時・分表示、リューズにサファイア カボション
予価:1,636,800円(税込)

手首に装着するロケット。ユリス・ナルダン「フリークS」

ユリス・ナルダンの歴史的なフリーク コレクションから、新しいハイテクな時計製作によるマスターピース、IWCスーパーコピー「フリークS」の登場です。ユリス・ナルダンは強力な太陽風に後押しされ、宇宙の最も輝かしい星々にインスピレーションを得て、このフリークの新解釈を生み出しました。この先駆的な新作は、一見するとツインリアクターを備えた宇宙船のようです。この時計は、決して疑うことを知らない人たち、夢を実現するために人里離れた場所に向かう人たち、言い換えると「ビューティフル・フリーク」と呼ばれる人々の手首を最高に飾ります。アバンギャルドな時計デザインでありながら現代のラグジュアリーが的確に表現されています。
スーパーコピー 代引き
ユリス・ナルダンの歴史において最も重要な出来事を挙げるとすれば、それは2001年です。この年に当時最も革新的なモデルのひとつであった最初の「フリーク」が発表されました。この革命的な時計は針も文字盤もリューズもない、時計製造の歴史におけるあらゆる慣習から解放されたものでした。この記念すべきプロジェクトはキャロル・フォレスティエ・カザピによって考案され、当時ユリス・ナルダンの時計職人だった哲学者にして天才、ルートヴィヒ・エクスリンによって現実のものとなりました。ユリス・ナルダンは20年以上にわたり、伝統的な時計製造の限界を押し広げることを常に追求し、「フリーク」コレクションを発表しています。フリークを身につけるということは、腕の上に実験室を持つということです。長年にわたり、このコレクションはいくつかの大きなイノベーションを実施してきたため、高級時計製造の世界において象徴的な存在となっています。

「この時計の時刻はカルーセルムーブメントで表示します。市販の時計にはないユニークなコンセプトで、あまりの大胆さに誰も真似をすることができません。まさに革命的、新技術の祭典といえます」と、ユリス・ナルダンのプロダクト・ダイレクター、ジャン・クリストフ・サバティエは話します。

「フリークは、新しい技術的な挑戦によって常に革命的な魂を燃やし続ける時計です。『2001年宇宙の旅』という小説があるように、『2001年イノベーションの旅』というストーリーもあるのです。ホメーロスの『オデュッセイア』の主人公が多くの未知の土地を訪れたように、私たちユリス・ナルダンは科学が提供するあらゆる道を探求し、計時機器の精度と機能性を常に向上させ続けているのです」と、ユリス・ナルダンCEO、パトリック・プルニエは述べます。

ULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン) 2022新作 手首に装着するロケット。ユリス・ナルダン「フリークS」
フリークS:ブランド初の自動巻きディファレンシャル・ダブルテンプ
 UNマニュファクチュールの開発チームは愛好家を驚かせるために、従来の巻上げ方式の2倍の効率を持つ「グラインダー」システムを用いブランド初の自動巻きディファレンシャル・ダブルテンプを設計し実現しました。フリークSは、2018年発表のフリーク ビジョンの技術的拡張であり、以下の注目のイノベーションを強調する新しい機械的驚異です。

・ ダイヤモンシル技術を用いた傾斜型ダブルテンプ
・ 垂直方向ディファレンシャル
・ 自動巻きグラインダー巻き上げシステム
・ 2001年の初代フリークにインスパイアしたセラミック、チタン、ゴールドなど異素材の組み合わせ構造を持つ新ケース


“ダブルトラブル”!
 ユリス・ナルダンのテクニカルチームは、フリーク・コレクションにもともと備わっている立体的な効果を極限まで高めることに成功しました。フリークSの傾斜したダブルオシレーターは、新しいUN-251マニュファクチュールムーブメントの主要な特徴であり、今回初めて搭載されました。2つのXXLサイズのシリシウム製テンプは、まるで2つの発射台の上にあるかのように、それぞれ異なる平面上に配置し、この作品の景観をより美しくしています。20度傾斜した2つの平面上に組み立てられたインカブロック付きの2つの大型テンプは、ロケットの翼を模したローズゴールド製のブリッジで連結されています。2つのターボプロップエンジンのように見える双子型のテンプは、それぞれ2.5Hzの周波数で時を刻む様子を表現し、このタイムピースの立体感と宇宙へのインスピレーションをさらに強めています。宇宙船を思わせる外観に加え、傾斜型ダブルオシレーターとそのディファレンシャル機構は、ムーブメントの回転速度をより正確に調整することができる驚異的な技術です。ディファレンシャルの最も一般的な用途は、自動車のトランスミッションで、それはカーブの内側にある車輪が外側にある車輪よりも速く回るように、駆動輪を異なる速度で回転させることができます。この時計では2つの速度の平均をとり、香箱のエネルギーを2つの調速脱進機に均等に配分することで、振幅を安定させるという欠くことのできない機能を担っています。フリークSの2つのテンプは決して同じ速度で振動することはなく、この機構によって相互に補正し合います。


ダイヤモンシル・テクノロジー
 2001年に初代フリークに時計業界で初めてシリシウムを使用したユリス・ナルダンは、シリシウムと合成ダイヤモンドを組み合わせた革新的パイオニアの表面処理加工技術、ダイヤモンシル(DiamonSIL2009年特許取得)も発表しています。フリークSの脱進機のシリシウム部品は人工ダイヤモンドの層でコーティングし、その性能と耐摩耗性、そして時計にかかる年間数百万回の衝撃に対する耐性を最適化しています。このプロセスは、ユリス・ナルダンが過去20年間に導入した主要な技術革新の一つです。ユリス・ナルダンがスイス、シオンのシガテック社と共同で開発したダイヤモンシルのプラズマ技術は、2007年以来、ブランドのサヴォアフェールを象徴する技術の一つとなっています。この独自の技術は現在、フリークSのほかブランドのフラッグシップ・ムーブメントであるUN-118に採用されています。

ULYSSE NARDIN(ユリス・ナルダン) 2022新作 手首に装着するロケット。ユリス・ナルダン「フリークS」
エンジンルームを覗く
 フリーク・コレクションは、その秘密をすべて明らかにしています。隠すことは何もありません。フリークSのクリスタルの下にあるマイクロメカニカルな機械は、自動巻き72時間パワーリザーブを持つカルーセルムーブメントだけで、他には針も文字盤もリューズも必要ありません。フリークは、ムーブメント自体が回転することによって時刻を表示します。2つのブリッジがセンターの周りを回転していて、それぞれ時間と分を示します。下側のインデックス(スーパールミノバ®で覆われた矢印)は時間を示し、上側のインデックス(テンプと脱進機を搭載したロケットのノーズコーン)は分を表示します。アッパーブリッジは60分間で1回転し、時間のメカニズムの謎を解き明かします。ムーブメントはサファイアクリスタルのハイテクドーム型ケースの中で中心軸を中心に回転し、時刻表示の壮大な眺めを保証しています。

 従来のトゥールビヨンでは、テンプはトゥールビヨンケージの中で1分間に1回転しますが、「フリーク」では、調速機を含むムーブメント全体がケース内で1時間に1回転します。フリークの時刻合わせはベゼルを時計回りまたは反時計回りに回転させることで行います。

  2021年当時社長だったロルフ・シュナイダーは次のように述べました。「30年近く前、私はユリス・ナルダンを買収しました。のちにこれほどユニークで革新的な機械式時計が市場に定着すると確信した計算したリスクでしたが、どうやら私の考えは正しかったようです。フリークは、ユリス・ナルダンが、そして時計産業全体が成し遂げたこの歴史的な躍進を体現しており、間違いなく私たちのフラッグシップモデルです」

 ユリス・ナルダンCEOパトリック・プルニエは次のように語ります。「ロルフやルートヴィヒ、そしてフリークに携わったすべてのヒーローたちのおかげで、私たちは既成概念にとらわれず、困難に挑戦し続けることができるのです。ユリス・ナルダンのトレードマークである本物を追求する姿勢と自由な発想は、高級時計製造の中心に位置するユリス・ナルダンの深いルーツから生まれたものです。現在、最も有名な時計界のリーダーたちがフリークによってどのようなインスピレーションを受けたかを説明するのを聞いて、私はいつも驚かされます。フリークは単なる時計ではなく、ひとつのアイデアであり、世界観なのです。それは進化し続けています。新しいフリークSは、フリーク・ビジョンの上級版で、ユリス・ナルダンの最高傑作です」


オートマティック・ロケット
「グラインダー」自動巻き巻き上げシステムは、フリーク ビジョンに搭載されていたもので、今回大幅に改良されました。グラインダーは、従来の自動巻きシステムに比べエネルギー伝達効率が2倍となるため、効率的な巻き上げが可能です。手首のわずかな動きを利用します。振動錘は4枚のブレードを搭載したフレームに接続しており、これにより自動巻き上げシステムの角速度が2倍になります(2ペダルの代わりに4ペダルを装着した自転車のようなものです)。また、柔軟なガイド機構により、摩擦が大幅に低減されています。


恒星間航行船
 星が宇宙の中にランダムに分布しているように見えるように、深い黒の鉱物の装飾板に金色の粒子がきらめく繊細な装飾は「偶然」ではありません・・・アベンチュリンのきらめきの効果は、ロケットの発射台装置のように「フリークS」に星の夜のきらめきを与えています。アベンチュリンにまつわる伝説によると、13世紀ごろ有名なガラス職人の故郷であるベネチアのムラーノ島で、職人が偶然に溶けたガラスの鍋に銅片を落とし、イタリア語で「aventurina」「偶然に」という意味のアベンチュリンガラスを作り出したと言われています。ブラックのアベンチュリンディスクはインデックスの下で回転し、ユリス・ナルダンのロゴがきらめく装飾の通過に吸い込まれるように、控えめに隠れたりします。

 フリークSは75本の限定モデルで、そのうち40本が2022年に生産される予定です。時計にはローズゴールド色のスポーティなカットワークが施されたアリゲーターストラップが装着されています。またブラックDLC加工が施されたチタン製のセルフ・フォールディングバックルは、特許を取得したトリプル・フォールディング・システム(SYNC)で、バックルを1度クリックすると簡単に開くものです。これが確実なセキュリティを実現します。
スーパーコピー 代引き
FREAK S
フリークS
Ref:2513-500LE-2A-BLACK-5N/1A
ケース径:45mm
IWCスーパーコピー 代引きケース素材:ブラックセラミック、ブラックDLCチタン、5Nローズゴールド
防水性:30m
ストラップ:ブラックアリゲーター&ゴールデンカーフの異素材ミックスまたはブラックアリゲーター、ブラックDLCチタンと5Nローズゴールド製SYNCフォールディングバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.UN-251、72時間パワーリザーブ、毎時18,000振動×2
仕様:ムーブメントの回転による時・分表示、ブラックアベンチュリンを装飾したムーブメントディスク、バックベゼルによる手動の巻き上げ可、レバーロック付きフロントベゼルによる時刻設定
限定:世界限定75本(うち40本を2022年に生産)
価格:16,500,000円(税込)

ハイエンドなアイコン。ハミルトンから世界初の電池式時計「ベンチュラ」に14金製の限定モデルが登場

創業130周年を迎えたハミルトンから、2022年のスーパーコピー新作として14金製ケースの「ベンチュラ」が世界130本限定で登場しました。

ハミルトンの「ベンチュラ」は、単なる時計界のアイコンではなく、インダストリアルデザインの傑作です。ハミルトンの研究開発チームは、10年にも及ぶ期間をかけて、世界初の電池式時計を開発。ハミルトンが開発したこの電池式腕時計は、今日のクォーツ時計の先駆けとして未来を変えました。アメリカン・ドリームが最も身近にあった1950年代の限りなく自由で壮大な時代背景のもと「ベンチュラ」は生まれたのです。

スーパーコピー 代引き

アメリカの著名なデザイナー、リチャード・アービブがデザインした型破りなトライアングルケースを纏い、電池式ムーブメントを搭載したそのSF的な美しさは、1957年の発売と同時に注目を集め、1961年にエルヴィスが主演をつとめた映画『ブルー・ハワイ』で着用したことで確固たる地位を築きました。

 電磁コイルを動力源とし、旧来の機械式時計と1960年代に登場するクォーツ式ムーブメントの架け橋となる画期的な技術を搭載していました。

HAMILTON(ハミルトン) 2022新作 ハイエンドなアイコン。ハミルトンから世界初の電池式時計「ベンチュラ」に14金製の限定モデルが登場
 そして、ハミルトンが創業130周年を迎えた2022年、初期モデルと同仕様の14金製で製作されたケースを纏う「ベンチュラ」が、世界130本限定で登場しました。ハミルトンの特別なコレクションとして発売されるこの「ベンチュラ」は、繊細なブラックダイヤルに、目を引くイエローゴールドPVD加工の時針・分針とインデックス、信頼性の高いクォーツムーブメント、そしてイエローゴールドPVD加工のバタフライクラスプを採用し、クラシックなブラックレザーストラップが組み合わされています。反射防止加工を施したサファイアクリスタルや5気圧防水性能といった最新の高機能を持ちながらも、オリジナルモデルへのオマージュとして特別に配されたオールレッドカラーの秒針がこのモデルのレトロな魅力を引き立てます。

 ハミルトンの創業時のブランドロゴがエングレービングで施され、シリアルナンバーも入る世界で130本のリミテッドエディションは、記念の年を祝す貴重なモデルです。

スーパーコピー 代引き
VENTURA 14K Gold
ベンチュラ 14Kゴールド
Ref:H24311730
ケースサイズ:33.11×51.63mm
ケース厚:9.38mm
ケース素材:14Kイエローゴールド(ポリッシュ仕上げ)
防水性:5気圧
ストラップ:ブラックレザー、イエローゴールドPVD加工バタフライクラスプ
ムーブメント:クォーツ
仕様:時・分・秒表示、ブラックダイヤル、イエローゴールドPVD加工の時・分針、レッドカラーの秒針
限定:世界限定130本、創業130周年記念特別限定品
価格:1,650,000 円(税込)

セイコー プレザージュより、4地域の名工と造り上げた、セイコー腕時計110周年記念限定モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社が、セイコースーパーコピー時計 プレザージュ クラフツマンシップシリーズより、先人から継承するモノづくりの技法を生かした、セイコー腕時計110周年記念限定モデル4機種を、2023年6月23日(金)より発売します。希望小売価格は198,000円~275,000円(税込)です。

スーパーコピー 代引き

セイコー腕時計110周年のテーマは「人に寄り添い、共に時を刻む」。

 1881年、時計の修繕と販売から事業を開始し、1892年に掛時計の製造に着手。大正初期、懐中時計が主流の時代、やがて来るであろう腕時計の時代に備え、セイコーは腕時計の試作・研究を続け、1913年、国産初の腕時計「ローレル」を完成させました。以降、110年、セイコーは数々の革新的な腕時計を世に送り出していました。誰もが正確な時刻を手にすることができるように、また、人それぞれの大切な「時」に彩りを添えるために。これまでも、これからも。


名工の技と想いに支えられた、4つの物語

 日本の伝統工芸に光を当て、機械式腕時計で日本の美を発信する「セイコー プレザージュ クラフツマンシップシリーズ」。その特徴的なダイヤルには、名工の高度な技が反映されています。本作は日本のモノづくりを牽引してきた先人に敬意を示し、地域社会と共に発展してきた伝統産業、「琺瑯」、「漆」、「有田焼」、「七宝」それぞれの技法を用いて表現された特別なモデルです。

 伝統工芸が用いられたダイヤルの美しさを際立たせる、ローマ数字とインデックスを交互に配した変則レイアウトや、腕に心地良くなじむシンプルなケース造形など、セイコーの時計づくりの歴史に基づく使い心地とクラシカルな味わいが大切にされています。またストラップには、LWG(レザーワーキンググループ)(持続可能なレザー生産を目指し、品質や安全性、環境問題等の啓蒙活動を行う非営利の組織)の認証を取得しているタンナーで生産されたレザーが使用されています。

PRESAGE(プレザージュ) 2023新作 セイコー プレザージュより、4地域の名工と造り上げた、セイコー腕時計110周年記念限定モデルが登場
セイコー腕時計のはじまり、琺瑯(ほうろう)ダイヤルモデル。
日本腕時計産業の黎明期を支えた琺瑯技術が、色褪せることのない美しさを保ちます。

 セイコーが生んだ国産初の腕時計「ローレル」のダイヤルに用いられた琺瑯は、温もりある白色とみずみずしい艶を持ち、110年経った現在でも美しさを保ち続けています。

 調理器具に用いられるほど耐久性に優れた琺瑯は、鉄系材料のダイヤルに不純物のきわめて少ない粘土・純水・ガラス等を原料とする釉薬(うわぐすり)を塗布し、高温で焼成します。気温や湿度により釉薬の各成分比率を調整するなど、高い技量が求められる琺瑯ダイヤルは、先人からの技術伝承と琺瑯職人 横澤 満氏の飽くなき探求心により、今なお手作業で丁寧に焼き上げられ、琺瑯ダイヤルにしか表現できない、艶やかな光沢と色褪せない美しさを世に送り出しています。

琺瑯職人
横澤 満(よこさわ みつる)
 富士琺瑯工業株式会社(1971年入社)つくば工場 技術顧問塗布面の厚さわずか0.01mm刻みの仕上がりを見抜く眼力を持つ匠。繊細に造り込まれるダイヤルに琺瑯を施すことができる日本有数の職人です。


塗りと研ぎを繰り返して完成する漆ダイヤルモデル。
藩政時代の面影が残る金沢の街並みを、漆の艶やかな色彩でオマージュ。

 武家文化に育まれ、優美な美しさを携える金沢は、戦災や大きな災害を免れ、藩政時代からの美しい街並みが今なお残り、貴重な文化遺産として人々に愛されています。
 その金沢で丁寧に作られる漆ダイヤルを用いた本作は、金属と漆を直接結びつける革新的な製造手法と、平滑面を生み出す古来伝承の技を組み合わせ作られます。漆芸家 田村一舟氏の監修により、多くの漆器職人が携わり、何十回も塗りと研ぎを繰り返すことで、特有の美意識が育む金沢の美しい街並みを、漆独特の艶やかな赤茶色の色彩で表現しています。

漆芸家
田村 一舟(たむら いっしゅう)
 1957年(昭和32年)生まれ。石川県金沢市在住。清瀬一光師に師事し金沢に伝わる伝統工芸「加賀蒔絵」を習得後、世界に類を見ない独自の細密技法を生み出しました。漆器のみならず、加賀蒔絵をあしらった高級万年筆や腕時計を発表。その極めて緻密な技術による精緻な美しさが、世界的に高い評価を受けています。

PRESAGE(プレザージュ) 2023新作 セイコー プレザージュより、4地域の名工と造り上げた、セイコー腕時計110周年記念限定モデルが登場
伝統技法と技術革新が融合した有田焼ダイヤルモデル。
日本で初めて磁器が誕生した地「泉山磁石場」の情景をオマージュ。

 1616年、この地で素晴らしい陶石が見つかり、日本初の磁器として「有田焼」が生まれ、伝統工芸としてこの地に根付き、匠の技は400年にわたり受け継がれ、独自の芸術性が多くの人を魅了しています。

 本作は、自然の恵みをもたらした有田の泉山磁石場の情景が、磁器特有の艶やかな色彩と立体形状で表現されています。腕時計に求められる耐久性を実現するため、従来の4倍以上の強度をもつ強化磁器素材が用いられ、高精度の鋳型による鋳込み工程を経て、1,300℃の高温で焼成されます。施釉と複数の焼成を重ねるなど、難度の高い複雑な工程は、創業190年の老舗「しん窯」に所属する陶工 橋口博之氏監修のもと制作されます。

有田焼 陶工
橋口 博之(はしぐち ひろゆき)
 1983年に「しん窯」入社後、丁寧で精緻な技と洗練された染付を習得し、九州山口陶磁展 通産大臣賞受賞をはじめとする数々の賞を受賞しました。1996年に伊万里・有田焼下絵付伝統工芸士に認定されました。


独自に進化した尾張七宝の七宝ダイヤルモデル。
鉛を含まない難易度の高い釉薬を用いて、海の色彩と透明感を表現。
 古来より、海が日本を島国たらしめたことで、伝来した技術・工芸が独自の進化を遂げ、日本固有の伝統文化として、その形成を促してきました。本作の七宝技法も海を越えて伝来し、独自に進化した日本を代表する伝統工芸の一つです。

 尾張七宝の施釉師の戸谷航氏が、鉛を含まない独自の釉薬を用いて、約800℃で複数回に渡って焼成を繰り返した後に独自の研磨加工を施すことで、平滑な七宝ダイヤルを生み出しています。美しい釉薬越しに波が煌めく様をイメージさせるダイヤルは、海へのオマージュが表現されています。

七宝ダイヤル施釉師
戸谷 航(とたに わたる)
 1985年(昭和60年)愛知県生まれ。愛知県立瀬戸窯業高校にて焼き物の製造法を学び、尾張七宝の老舗「安藤七宝店」に就職後は、尾張七宝の技法の根幹である「釉薬差し」という重要な工程を担う施釉師の道を邁進しています。

スーパーコピー 代引き
セイコー腕時計110周年記念限定モデル
クラフツマンシップシリーズ 琺瑯ダイヤル
Ref:SARD017
ケース経:40.2mm(りゅうず含まず)
ケース厚:12.8mm
ケース素材:ステンレススチール(ダイヤシールド)
防水性:日常生活用強化防水(10気圧)
ストラップ:牛皮革
ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6R24、日差+25秒~-15秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)、毎時28,800振動、約45時間パワーリザーブ、31石
仕様:時・分・秒・パワーリザーブ表示、レトログラード式日付・曜日機構、琺瑯ダイヤル、秒針停止機能
限定:世界限定1,500本(うち国内300本)
価格:198,000円(税込)
発売予定:2023年6月23日(金)

スーパーコピー 代引き
セイコー腕時計110周年記念限定モデル
クラフツマンシップシリーズ 漆ダイヤル
Ref:SARD019
ケース経:40.2mm(りゅうず含まず)
ケース厚:12.8mm
ケース素材:ステンレススチール(ダイヤシールド)
防水性:日常生活用強化防水(10気圧)
ストラップ:牛皮革
ムーブメント:自動巻(手巻つき)、Cal.6R24、日差+25秒~-15秒(気温5℃~35℃において腕に着けた場合)、毎時28,800振動、約45時間パワーリザーブ、31石
仕様:時・分・秒・パワーリザーブ表示、レトログラード式日付・曜日機構、漆ダイヤル、秒針停止機能
限定:世界限定1,500本(うち国内300本)
価格:242,000円(税込)
発売予定:2023年6月23日(金)

スーパーコピー 代引き
セイコー腕時計110周年記念限定モデル
クラフツマンシップシリーズ 有田焼ダイヤル
Ref:SARW067
ケース経:40.6mm(りゅうず含まず)
ケース厚:14.1mm
ケース素材:ステンレススチール(ダイヤシールド)
防水性:日常生活用強化防水(10気圧)
ストラップ:牛皮革
スーパーコピー仕様:時・分・秒・日付(針式)・パワーリザーブ表示、有田焼ダイヤル、秒針停止機能
限定:世界限定1,500本(うち国内300本)
価格:242,000円(税込)
発売予定:2023年6月23日(金)

ページ移動