教材・イベント用紙ブーメランはこちら

下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)

gyunyupac.pdf

@

提供/WINGWIN

飛距離4m。牛乳パックといえども本格派ブーメランです。大きく優雅に旋回し、スピードも速いのでスリリングなブーメランです。

はさみ、またはカッターナイフでカットする


(20〜30°)
A2枚切り抜いて    重ねる

溝の幅3mm高さ1.7cm

一番横幅の広いところ4.2cm      →

V

飛距離4m

ブーメラン

gyunyupac.pdf
4枚翼ブーメラン一体型

牛乳パック
(イ)翼は平らなテーブルの上に置いてほぼ水平に なるように調節する(上反角はつけない、上反角をつけるとホバーシングしてしまうのでスピードがおそく なってしまう)。

(ロ)ブーメランの中央にできる三角穴の大きさを変えることにより、飛距離を調節することができます。(三角穴大→飛距離が出る)また、フラップの角度でも距離を調節できます。ちょうど手元に戻るぐらいに角度を調節してください。
空飛ぶ
U
牛乳パック
ブーメラン
飛距離3m

2wings.pdf

下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)

翼の長さ13.5cm

飛距離2m

空飛ぶ

フラップ(点線に沿って5〜10°山折にする。曲げすぎないように注意!)  ※投げ方は「投げ方のページ」を参照

(完成図)

下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)

下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)

スピードを楽しむなら、MBCW考案のこのブーメラン(シューティングスター)
1分間であなたは何回キャッチできるか挑戦してみよう。

13cm

3枚翼の組み方

塩ビ0.5mm

@

(右きき用) 左ききはフラップを反対側に折り込む

gyunyupac3wing.pdf

スーパー2枚翼

一番ふくらんでいるところ/中心線から4.3cm

このブーメラン特長/ホッチキスの玉(おもりの役目)をたくさん使うことで@飛行の安定A適度な飛距離B正確さ(適度に回転を止める)が得られます

@
A
B
牛乳パック

下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)

厚紙で型紙を1枚作る

翼の型紙を1枚作る

2.8cm
■まず、ブーメランを平らなところにおいて若干上反角が゜プラスであることを確認し、4箇所 のフラップを約30度山折にする。回転のつきぐあいと距離は独立した各4枚のフラッ プの 角度で調節をする。あまり角度を強くすると回転がかからなくなり、フラ ップの角度が弱い と距離が出てしまい内ち巻いてしまうので、飛ばしながら調節する。
= 切り込みを入れる
フラップC

E

A上図のように3枚の翼を組んで、3箇所ホッチキスで止めます(ひだりききは翼の向き、組み方を逆にする)
@0.5mmエンビ板は近くのホームセンターで 手に入ります。まず、翼を3枚作ります。はさみ、カッターナイフで切り取ります
■飛ばしながら、途中で落下してしまう場合は翼を少しづつ上にそらす(無理に曲げない)。
■裏返しにして
トリックキャッチにするときは3枚翼をおもいきり上に反らし上反角をつける。

14.5cm

Top
紙ブーメラン上級者編へ

木製ブーメランを作る

翼長/円中心より11.3cm(全長22.6cm)
翼長/中心より11cm(全長22cm)
■翼の(イ)の方を親指と人差し指ではみ、(ロ)が腕のほうに接触するか腕より沈むぐらいに ブーメランを傾け手首を曲げる(2枚翼は回転がかかりづらいので十分回転がかかるよう、持ち方から工夫する)。投げるときも十分にスナップをきかせて投げる。あのオージーラウンドのように、2枚翼特有の優雅な飛び方をします。

C

C

投げ方

投げ方

4wings.pdf

提供/WINGWIN
下記のリンク先で型紙がプリントできます(A4サイズ)
チューニング

翼を組み込む(左きき用は逆向き)

F

扇形の角度/120度

■スナップを十分にきかせ、スナップだけで「ピッ」と投げるのがコツ。超速いFCです。
■屋外で投げる時は風を計算に入れて投げよう。

B


コンボ
ブーメラン   
厚手の工作用紙を利用し、2枚の紙ブーメランと1円玉3個で
           コンボブーメランをつくり、体育館や室外で飛ばしてみよう
コンボブーメランの作り方
@ 厚手の紙にコンパスを使って
   上図のようにブーメランを作図する
B各翼の先端部分に1円玉を   挟み込み接着剤で固定し、上下 の紙ブーメランの間から風が入 らないようにブーメランの淵をホ ッチキスやセロテープで止める
コンボブーメランのチューニング
■ブーメランを平らなところに置き各翼2mmぐらいの上反角つける。
■3枚の各翼を時計と反対方向に30度ねじり迎い角をつける(左利きは時計回り)。
(どうしてブーメランは戻るのかを参照)
22cm
120°
9.3cm
7cm
2.2cm
半径7cm円
5cm
13cm
2.5cm
6.5cm
1.5cm
5mm
@牛乳パックのかどを中心 に
5× 13cmを3枚作る
Aかどを中心に山折
B上図のようにカッターナイフや
はさみで切る
C3枚の翼を組み合わせる
表面から見たところ
裏面から見たところ
D完成図  セロテープや、 荷造り梱包用の透明粘着テープで全体をしっかり覆う
左ききは翼の向きと組み方を逆にする
牛乳パックブーメランの作りかた

ブーメランをボール紙からくりぬいて、さらに、中心に直径1.5cmの穴をあける(穴はバランスを取るためなので、あけなくてももよい)
チューニングはフラットですがホバーリングさせたい場合は少し上反角をとります
チューニング

飛距離2.5m
ブーメランは大きさ形に決まりはありません。どんな形でもよいのです。ですからブーメランの翼の数は何枚でもよいのです。

飛べ!!
飛距離2.5m
エコブーメランシリーズ第3弾!空飛ぶティッシュボックスを作ってみよう。「うへぇ、ティッシュ箱が空を飛ぶのかぁ!って、あなた。」・・・飛びます飛びます?
Kleenexブーメランの作り方
@ティッシュ箱の角を利用して下図のサイズ でカッティング
A角を折り、裏の合わせ部分をセロテープでしっかりとめる
フラップ
13cm
6cm
2.5
3.5
B完成図
中央部はホッチキスで止めその上からテープを貼り凹凸を少なくする。
チューニング
フラップは約20〜30度。上反角はややプラスに調整し、厚紙なので回転はやや強くかけたほうがよい。
多翼ブーメラン一体型
(完成図)
チューニング
ブーメランを平坦なところに置き各翼の先端が2mmぐらい浮く程度に上反角をとる。投げながら手元にちょうど戻るよう距離を測りながらフラップの角度を調整する。
投げ方
翼の先端部分を親指と人差し指で軽くつまむように持って30度傾けて、スナップを利かせながら投げる。

飛距離3m
翼サイズはシューティングスターと同じ3枚合体型
エコブーメラン第4弾!ダンボール紙でもブーメランは作れます。ダンボール紙の場合は紙の性質が他紙と異なりますので少し注意が必要です。
作り方のポイント
@ダンボール紙は横目はすぐ折れてしまうので縦目を利用して3枚翼を作る。ダンボール紙は厚さに種類があるのでここでは、ビール缶やジュース類のものがよいでしょう(もっと大きいブーメランを作るときは引越し用などの厚手のダンボールがよいと思います)
A翼3枚のカッティングができたら翼の回りの縁をホッチキスで止めます。(ダンボール紙には中空がありますので翼の縁をふさがないとうまく飛びませんし、戻ってきません)
チューニング
トレーリングエッジ(翼の右側)のフラップを山折にする。(翼が折れないように注意しながら指で折り曲げよう)
提供/WINGWIN
不要になったハガキや年賀状を利用して室内で手軽にできる紙ブーメラン
                       高性能エコ・ブーメランを作ろう

A

提供/ウィングウィン

提供/WINGWIN

コピー用紙でつくるブーメラン・名刺ブーメラン・文字ブ ーメラン・ウィングレットブーメラン・封筒で作るブーメラン ・コンパスで描くデルタブーメランはこちらをクリック

最速FCブーメラン
速い速い!
飛距離2.5m
4枚翼手裏剣ブーメランその名も「忍者」 手裏剣が戻る??????
@厚手の紙で、カッターナイフを使って型を切  り抜く。(参考/使用紙フリューサンド41kg)

(完成図)

G

D

B


チューニング

ポイント

牛乳パックは紙が柔らかいので作成中に紙がゆがんだりねじ曲がったりしますので、飛ばす前に指でしごいたりしてまず翼面をフラット(平ら)にすることが大切です。そして、上反角を若干プラス(翼を上にをわずかに反らす)にチューニングしてから投げてください。

飛距離2.5m 簡単!!高性能!! すぐ飛ばせるおすすめ牛乳パックブーメランです。(用意するもの/牛乳パック・はさみ・ホッチキス)

はさみで型を切抜く

フラップ→

迎い角(ねじり)はつけない。上反角(反り)は各翼+2mmぐらい。うまく戻らないときははがきブーメランのようにフラップをつけてみよう。フラップは指で山折に適度に曲げてもよい。
チューニング
注意(危険) 投げる方向に人がいないことを確認してください

フラップ巾は7mm

文字が重なり画面が見ずらい場合は表示(V)→文字サイズ→中以下に設定してください

□フラップをまげる
□三つ折にしてホッ
 チキスで止める
□ハガキ3枚用意    します
□みぞを切る

飛距離2m
健康系ブーメランカテキン式
さあ、今度はペットボトルで作ってみよう。「1日100回キャッチ!」
がんばるあなたの健康系エコブーメラン。これでダイエット間違いなし!
@サントリーカテキン式500mlペットボトルを用意する
Aペットボトルの側面の赤線部分をハサミやカッターでカットする
B翼の大きさを揃え翼の辺のバリをとっておく
C翼を3枚重ね合わせセロテープでとめる
(完成図)
翼の断面図
翼の側面図
ブーメランの表(上側)
裏(下側)
中心部
先端部
※3枚組み合わせをするときに翼の表(上側)と裏(下側)を間違わないようにすること
ペットボトルの選び方
ペットボトルでブーメランを作るとき、平らな面のものを使用する場合は、上反角やフラップの部分が紙のように自在に曲がってくれないので、チューニングがなかなかうまくできない。サントリーカテキン式ボトルは、そのままで形状の特性(上反角やフラップ)を利用できるのでおすすめです。投げる時にもビラビラしないで(翼の断面図)飛行も安定できます。他、いろいろな形状のペットボトルで試すのもおもしろいでしょう。
(上側)
(下側)
提供/WINGWIN
ポイント
戻りは、フラップで調整しますが、フラップをきつくしたい場合は、二枚翼のときのようにフラップに何箇所か切れ目を入れると曲げやすい。PBブーメランは何回キャッチしても紙のように折れ曲がることがないし、落下も安定しているので、トリックキャッチむきです。
飛距離10m
空飛ぶマグナムドライ!
(HOW TO PLAY A BOOMERANG ブーメランの投げ方参照)
紙ブーメランのチューニングと投げ方
ブーメランの裏側

教材用紙ブーメランへ

セロハンテープで仮止めする

A翼を組み合わせ、6箇所ホッチキスで止める(この時中央にできる三角3穴が正三角形になるようにする)

1.8cm

ブーメラン

飛距離3m

チューニング

競技用ブーメラン販売はこちら

5wings.pdf

牛乳パックで簡単にできる高性能エコ・ブーメランを作ってみよう
飛行距離3m
空飛ぶ
提供/WINGWIN
各フラップの角度は約20〜30度山折。厚手の紙ほど重いのでフラップをきつくする。素材はボール紙ぐらいがちょうどよいでしょう。チューニングは上反角はとらないでほとんどフラッット。綺麗な弧を描いてファーストキャッチ風に戻ってきます。

提供/ウィングウィン


フラップB

フラップ@
Aフラップを4箇所作る(フラップ@フ ラップ A  フラップBフラップC)
             (左ききはフラップが逆の位置)

(ロ)

(イ)

16cm

荷造り用テープでラッピングする

一番狭いところ中心線より2.3cm

翼のフラップを指で山折に曲げる(3翼共)

Bフラップを山折にする
(15〜30度)
@板目表紙、ボール紙などの厚紙で 、縦て13cm×横3cmの翼3枚を作 る長さ1.7cmの溝も作っておく
穴をあけると音が出る

完成(裏から見たところ)
左利きは折り返しとフラップは逆の位置になります。

完成

A


空飛ぶ
フラップを山折
3.7cm
3枚翼ハガキブーメランの作り方

準備するもの/荷造り用透明テープ、セロテープと牛乳パック

底幅3.3cm

11cm

フラップA
= 山折りにする
こんどは、究極の2枚翼ブーメランを作って飛ばしてみよう
        これがマスターできればあなたも紙ブーメランの達人になれる

型紙を使い牛乳パックにボールペンでトレースする

中心線の高さ/18cm

中央接合部分、3箇所をホッチキスで止める

屋外でも飛ばせる、風に強い、ごく薄塩ビ板で超簡単にできるブーメランを作ろう
 (紙ブーメラン? FC上級者向き、裏返しにするとトリックキャッチになる)

型紙をあててボールペンで型をなぞる

翼端を折返してホッチキスで3箇所止める(左利きは反対側)さらに翼先端部分にホッチキスを3本打つ(重り)

折り目は隙間のないように折り、ホッチキスでしっかり止める