未来前へ 先頭 次へ過去

関東大震災の碑

関東大震災の碑 関東大震災のとき横須賀の人口は約7万人ぐらいで、 震災で約4500人が亡くなりました。 横須賀は山を削って埋め立てを行った場所が多くあります。 そのため崖が多く、平野も液状化しやすいと、 地震に対して危険度が高いのは今も昔も同じ。 用心用心。 海軍工廠でもかなりの損壊があったと思われますが、 軍事施設だったので写真や記録が残っていないそうです。 噂では、船の油の大火災があったらしいです。 関東大震災の碑は、昭和2年にできた慰霊碑で、 碑の時計は地震発生の11:58を指しています。

工事を示す看板の内容
COMMANDER FLEET ACTIVIEIES YOKOSUKA
COMING IN WINTER 2003
DISMANTLE B-53 YOKOSUKA
COST:Y45,000,000
FEATURES:
1)DISMANTLE BUILDING
2)BUILDING PRESERVATION
3)TRANSPORATION OF BUILDING COMPONENTS
4)REMOVAL ASBESTOS
5)REMOVAL ELECTRICAL SYSTEM
6)REMOVAL MECHANICAL PIPING
7)BACK FILL AND LAND READJUSTMENT
DESIGNED AND CONSTRUCTED BY:
OFFICER IN CHARGE OF CONSTRUCTION FAR EAST

少し行った山の上に、幕末から明治初期に横須賀製鉄所を作ったヴェルニーの部下、 ティボディエ・ジュール・セザール・クロードの官舎がありました。 日本建築学会がこの古い建物に歴史的価値を認め、保存の要望書を出しました。 詳細は建築学会のホームページに載っていますが、 明治初期の建築物として貴重だし、 西洋技術が日本に導入された当時の建築技術史的に貴重だし、 旧横須賀製鉄所の建物として価値があるし、 横須賀の都市形成を伝える建物としても重要だそうです。 それで現在、横須賀市内のどこかに移築するための作業が行われています。 看板によると費用は4500万円?らしいです。

前へ<< >>次へ


未来前へ 先頭 次へ過去
No., Presented by Ishida So