未来前へ 先頭 次へ過去

下士官クラブ

横須賀製鉄所跡碑 横須賀製鉄所は慶応元年9月27日に鍬入れ式が行われました。 初代横須賀製鉄所首長は当時27歳のヴェルニーで年俸1万ドルだそうです。 現在下士官クラブになっている建物は、昔は横須賀製鉄所(後の横須賀海軍工廠)の本部だったそうです。 外壁の飾りなどが明治初期の洋風建築を感じさせます。 建物の前にいくつかのモニュメントがあり、左手の古い碑には『建年未幸治明』と書かれています。 古い記述なので、右から左に読んでください。 この碑自体は昭和2年に建てた物だそうです。

NYテロの碑 新しいモニュメントはニューヨークのツインタワーのテロ事件の後に作られたもので、以下の通りかかれています。


            BUILDINGS FALL BUT
              FREEDOM STILL
               STANDS TALL
        WE WILL ALWAYS REMEMBER THE
   SEPTEMBER 11,2001 TERRORIST ATTACK ON
              AMERICAN SOIL
DEDICATED BY THE YOKOSUKA CHIEF PETTY OFFICERS

訳すと『建物は倒れたけど自由はまだ立っている。 我々は2001年9月11日のアメリカの土地へのへのテロリスト攻撃を忘れない。』といった感じでしょうか。

前へ<< トップ >>次へ


未来前へ 先頭 次へ過去
No., Presented by Ishida So