十和田市サッカー協会 第3種委員会

記事一覧

純然たる時計機構。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スケルトン」

スケルトンウォッチの製作には、パネライ スーパーコピーとても繊細な作業が必要です。18Kローズゴールド製とステンレススティール/プラチナ製の、ふたつの新しい『トンダ PF スケルトン』は、それが芸術であることを示しています。他のどんな点に配慮するよりもまず入念な思考プロセスをもって製作が進められることは、パルミジャーニ・フルリエの創作における精神を反映しています。純然たる時計であることと慎み深さを最優先しつつ、ボリューム感、美観、付加価値が心地よい完全体を形成するまで、細部を徹底的に追求しています。

スケルトン化は一般的に、そこに視線を向けるための視点をつくることを目的に、ムーブメントを可能な限り開きながらつくられていきます。パルミジャーニ・フルリエでは、それとは異なるアプローチが採られています。『トンダ PF スケルトン』の芸術的なオープンワークは、バランスとボリュームを保ちながら、ムーブメントの有機的な動きとその構造を明らかにするためにつくられているのです。

職人は無垢のパーツを最大限に活用し、空隙を利用してキャリバーPF777の心臓部に光を注ぎます。手作業で丁寧に面取りされた格子模様は、ムーブメントの複雑な働きを見ようとする愛好家の目を引きつけます。

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ) 2022新作 純然たる時計機構。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スケルトン」
エアリーな全体構造
サファイアクリスタルのケースバックから見えるローターは、最高のパフォーマンスを実現するために22Kローズゴールドでつくられていて、187個の部品から成る全体のエアリーな構造と調和しています。手首の動きによって生じる振動が香箱の巻き上げを促進し、透かし彫りの香箱からは毎時28,800振動でテンプを駆動する主ゼンマイの、安定した収縮と開放の運動を見ることができます。

パルミジャーニ・フルリエの美観に関する選択と色彩の選択は、メゾンを導く厳格な規範を尊重する、妥協のない判断から生まれています。サンドブラストとサテン仕上げが交互に施されたグラファイトカラーのオープンワークのダイヤルに、浮遊するインデックス。ケース径40mmのモデルには、トンダ PF コレクションのデザイナー達の、複雑さとミニマリズムが混在するクリエイティブな作風が反映されています。時刻を読み取りやすくするためにチャプターリングだけ残された、大きく開かれたダイヤルの上を、オープンワークの二本の針が滑るように動きます。

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ) 2022新作 純然たる時計機構。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スケルトン」
飾らずに本質的であること
『トンダ PF スケルトン』の奥ゆかしさは、パルミジャーニ・フルリエの最高級のウォッチメイキングの伝統に対する敬愛ゆえのスタイルであり、その伝統を現代的なアプローチで見直して誕生したものがこのモデルです。慎み深く模範的な構造は、光を受けて輝くローレット加工とポリッシュ仕上げのベゼルと、しなやかで滑らかなブレスレットのデザインを際立たせています。

根本から削ぎ落とされた『トンダ PF スケルトン』は、完全無欠のウォッチメイキングを追求し、独自のスタイルと感覚を持つ純粋に時計を愛する人のためのモデルです。

Tonda PF Skeleton
トンダ PF スケルトン
Ref:PFC912-2020001-200182
ケース径:40.0mm
ケース厚:8.5mm
ケース素材:18Kローズゴールド(ポリッシュ/サテン仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:18Kローズゴールド(ポリッシュ/サテン仕上げ)、18Kローズゴールド製フォールディングクラスプ
ムーブメント:自動巻き、Cal.PF777(自社製)、毎時28,800振動、約60時間パワーリザーブ、29石
仕様:時・分表示、ローレット加工ベゼル、グラファイトカラーのオープンワークダイヤル、シースルーケースバック
価格:11,132,000円(税込)

PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ) 2022新作 純然たる時計機構。パルミジャーニ・フルリエ「トンダ PF スケルトン」
Tonda PF Skeleton
トンダ PF スケルトン
Ref:PFC912-1020001-100182
ケース径:40.0mm
ケース厚:8.5mm
ケース素材:ステンレススティール(ポリッシュ/サテン仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:ステンレススティール(ポリッシュ/サテン仕上げ)、ステンレススティール製フォールディングクラスプ
ムーブメント:自動巻き、Cal.PF777(自社製)、毎時28,800振動、約60時間パワーリザーブ、29石
仕様:時・分表示、プラチナ950製ローレット加工ベゼル、グラファイトカラーのオープンワークダイヤル、シースルーケースバック
価格:7,469,000円(税込)

2023新作 象徴的なフォルムを起点にコードを覆した希少かつ貴重な要素をすべて付け加えた、カルティエのジュエリーウォッチ

スーパーコピー 代引き「タンク」のレクタングルに、「ベニュワール」のオーバル。カルティエは、象徴的なフォルムを起点にコードを覆した希少かつ貴重な要素をすべて付け加えることで、メゾンのサヴォアフェールを称えるウォッチをつくり出しています。専門技術とフォルムの探求を凝縮させたクリエイションは、ウォッチとジュエリーが絶妙に調和することで生み出されています。

スーパーコピー 代引き

「タンク」ジュエリー ウォッチ

剌激と丸み
 1917年に誕生した「タンク」ウォッチは、モダンなデザインを象徴するクリエイションです。延長線上にブレスレットを組み込むレクタンギュラーの文字盤は、カルティエを象徴するひとつのシグネチャーになっています。カルティエが幾何学模様とコントラストの視点で探求することを選んだのが、このアイコンウォッチでした。幾何学模様とコントラストは、メゾンにとって、象徴的なスタイルのひとつであり、メゾンはフォルムとモチーフをベースに、シンメトリーとアシンメトリー、そしてインパクトのあるカラーコントラストを起点としてデザインを考えました。平行する2本の縦枠、レクタンギュラーのケースなど、今回の新作「タンク」にも、もちろんオリジナルモデルの痕跡は見られます。ですが、「タンク」のもうひとつの特徴であるケースに組み込まれたラグは、今回はリンクによって連結されたモバイルシリンダーで構成されています。

 思わず触れて動かしてみたくなるシリンダーは、その可動性がしなやかさと着け心地のよさを保証します。この新作モデルの美しさが集約されているのがブレスレットで、オニキス、クリソプレーズまたはコーラルのシリンダーで構成されるブレスレットは、パビリオンを逆向きにセットしたストーンとゴールドのクル(スパイク)を配したカボションによって仕上げられています。ここには、ビーズをあしらったデザインに対するカルティエのオマージュが込められています。このデザインは、メゾンの歴史に欠かせない重要人物で、1933年からカルティエの制作指揮を担っていたジャンヌ・トゥーサンが、かつて官能的かつ刺激的なデザインに取り人れていたモチーフで、カルティエのシグネチャーです。

ゴールドを中心としたバリエーション
 ブラック オニキスの文字盤にダイヤモンドのインデックスが輝くこのウォッチは、エレガントでクラシカルな調和を見せます。縦枠は、サイズの異なるダイヤモンドがセッティングされ、ウォッチの構造を描くと同時にブレスレットヘと続きます。気品あふれるその機構は、リンクとオニキスのシリンダーを通じて構成され、各シリンダーの両端には、ダイヤモンドがセットされたゴールドのクルが飾られています。

ジャンヌ・トゥーサンの足跡をたどる色調の探求
 この新作「タンク」ウォッチのために、カルティエは、さらに高級感あふれる2つのモデルをデザインしました。煌めくカラーストーンをデザインに取り入れたもので、ジャンヌ・トゥーサンのカラーパレットを再解釈します。

ブラック、グリーン、レッド:カルティエを象徴する3つのカラーが彩るこのホワイトゴールド製ウォッチは、カラーコントラストとカラーコンビネーションが巧みに作用。シリンダー、縦枠の側面、文字盤を飾るオニキスのブラック。クリソプレーズビーズのアクセントの効いたグリーン。垂直の縦枠やクリソプレーズカボションの先端を飾るクルのルビーのレッド。3つのカラーが絶妙なコントラストを演出します。

コーラル、クリソプレーズ、アメシスト、ダイヤモンド:4つのストーンを組み合わせることで、素材の探求というメゾンのシグネチャーを追求したモデル。色鮮やかでアクセントの効いたこのコンビネーションは、文字盤にパヴェダイヤモンドがスノーセッティングされたこのプレシャスなウォッチと調和します。シリンダーを構成するクリソプレーズは、ビーズ状にカットされたコーラルの有機的な鮮やかさと、クリソプレーズの両側にセットしたアメシストの甘美さと、コントラストを演出。垂直方向と水平方向の縦枠、側面、ブレスレットをさまざまなカットのダイヤモンドが飾り、その輝きが全体を照らします。

Cartier(カルティエ) 2023新作 象徴的なフォルムを起点にコードを覆した希少かつ貴重な要素をすべて付け加えた、カルティエのジュエリーウォッチ
「ベニュワール アロンジェ」とメティエダール

 スウィンギング ロンドン全盛の1960年代にロンドンで生まれた「ベニュワール アロンジェ」は、意表を突く独創性を徹底して追求したモデルです。文字盤の広がりとケースの湾曲を特徴とするこのウォッチに対して、カルティエは、あらゆる可能性を探り、初めてその象徴的な文字盤の空間にメティエダールの美しさを取り入れました。技術をデザインのために活用するという、カルティエが大切にしている原則を基盤に、メゾンのデザイナーは、クリエイティビティの限界を自由に押し広げ、斬新なフォルムと驚くようなカラーと素材のコンビネーションを大胆に融合します。メゾン デ メティエダールの職人たちは、理想を現実のものとし、新たな挑戦に挑むために、豊かなサヴォアフェールをベースに最適なソリューションを導き出しました。それはまさに、細部をよりいっそう昇華させる、目に見えないところで光る技術です。

幾何学模様とコントラスト
 メゾンの特徴的なスタイルのひとつである幾何学模様とコントラストから、個性あるウォッチの審美性を再解釈する。こうした強い思いから、新しい「ベニュワール アロンジェ」は生まれました。

 この創作原理は、広い文字盤に湾曲したフォルムのデザインとは対極を成すものであり、作業の難度はいっそう高まりました。2色のケースを制作するためには技術的な課題を克服する必要があったのです。そうして生み出されたケースは、イエローゴールドとホワイトゴールドのふたつの部分で構成され、このふたつを統合するために、時計職人はマイクロ溶接の技術を活用。2色のゴールドの境目は、ラッカーのラインによって巧みに隠されています。

 ゴールドの文字盤は、ブラックラッカーやエナメルで覆われており、加工が施されるなど、さまざまなサイズのセクションに区切られています。ホワイトゴールドとイエローゴールドのパーツは、ポリッシュ仕上げが施され、手作業で錐をつかってサンレイモチーフに仕上げられており、作業は繊細かつ忍耐を要するため、ひとつの文字盤を仕上げるのに4時間が費やされました。また、雲母の浮き上がるようなスパンコールが半透明のラッカーにコーティングされたセクションもデザインされています。なかでも、ブラックラッカーとエナメルパーツで技術的な挑戦となったのが、文字盤の湾曲で、着用時に強い色を放ちながらもなめらかな表面を維持する必要がありました。ブラックの強い発色が、ダイヤモンドが輝くケースとコントラストを成し、ダイヤモンドのセッティングはウォッチの曲線と絶妙な調和を見せています。

 加工からエナメル、ラッカー、ジュエリーまで、ひとつのウォッチの制作に9種類のサヴォアフェールが用いられ、完成までに24ヶ月以上の作業が費やされました。

 素材、カラー、幾何学模様の新たな探求を通じてメティエダールを引き立てる、抽象的なモチーフのこのクリエイションは、50本の限定製造です。

Cartier(カルティエ) 2023新作 象徴的なフォルムを起点にコードを覆した希少かつ貴重な要素をすべて付け加えた、カルティエのジュエリーウォッチ
オーバーサイズの「ベニュワール」を彩るミニチュアのマルケトリ
 カルティエが「ベニュワール アロンジェ」の文字盤にセレクトしたメティエダールは、マルケトリです。ウォッチに採用されることはあまりないこの技術によって、色彩が際立つ抽象的なモチーフのウォッチが生まれました。

 まず最初に驚かされるのが、パビリオンを逆向きにセットしたダイヤモンドやグレースピネル、ブルートルマリンが並ぶ「ベニュワール」のベゼルです。曲線と丸み。文字盤の広がりと、触れると刺すようなストーンの官能性。こうした強烈なコントラストがウォッチのデザインに組み込まれ、パビリオンを逆向きにしたこのセッティングは複雑さを極めるため、通常よりも作業時間は2割多くかけられました。

 文字盤上では、マザーオブパール、ターコイズ、オニキス、ホワイトゴールドが、抽象的な構図を成し、シャイニーカラーとマットカラーの相乗効果を演出。色の調和を得るために厳選された素材は、レーザーでミニチュアサイズにカットされ、パズルピースのように組み立てられ、すべての手順はきわめて繊細なため、両眼のルーペを使って行われました。弓なりに反った表面にマルケトリ細工を施すことは、職人にとってまさに挑戦であり、ひとつの文字盤に25時間もの作業を要しました。

 このウォッチの制作には、ジュエリー職人、マルケトリ職人、石留め職人、時計職人がもつ4つのサヴォアフェールが使われており、50本限定で製造されます。


「ベニュワール」ジュエリーウォッチ

「ベニュワール」は、20世紀初頭のルイ・カルティエによるウォッチのフォルムへの追求という伝統を継承するものです。1904年の「サントス」のスクエアケース、1906年の「トノー」に続き、1912年に初めてメゾンのレパートリーに登場したオーバル ウォッチ。その後、オーバル ウォッチは進化を遂げましたが、1973年にようやく登場したのが、日用品を洗練されたフォルムで描いた「ベニュワール」と名付けられたウォッチで、カルティエならではの物の見方によって、いたるところにある美しさを形にしたモデルでした。誕生以来「ベニュワール」は、オリジナルに忠実ながらもさまざまなバリエーションを生み出していきます。カルティエはフォルムに無限の可能性を授け、「ベニュワール」はその連続性を継承しながらも、常に「ベニュワール」であり続けています。

 まさに絶えず刷新し続ける才能を持ったモデルとして、カルティエはこの新しいイヴニング ウォッチコレクションを通じて、フォルムを探求する機会を幾度となく得てきました。「ベニュワール」のふたつの新作は、2サイズで展開され、いずれもはっきりとしたダイヤモンドのラインが際立ちます。

 スーパーコピー二重または三重のラインがウォッチの曲線を引き立て、手首になじむこのウォッチは、すべてダイヤモンドで、あるいは、サファイア、エメラルド、クリソプレーズ、ブルートルマリンの組み合わせでデザインされました。繊細に湾曲した構造の中、文字盤はスノーセッティングが施され、金属部分が完全に見えないようパヴェセッティングが凝らされています。ランダムなカットのストーンが、きらびやかに色を変える素材をつくり出します。この光り輝くうねりは手首へと続き、さまざまなサイズが並ぶストーンが手首に沿い、ウォッチに自由ときらびやかさを授けるかのように、さまざまな光が色を帯び、輝きを放ちます。

「もっともロックな」最上級コレクション。チャペック「プラス・ヴァンドーム ダークマター」

2020年の新作としてCzapek & Cie.(チャペック)より、スーパーコピー時計 代引きトゥールビヨンとGMT機能をあわせ持ったPlace Vendôme Dark Matter(プラス・ヴァンドーム ダークマター)が登場します。これはブランドの最上級コレクションの「もっともロックな」バージョンです。チタニウム製のPlace Vendôme“Ombres”(プラス・ヴァンドーム オンブル)にインスパイアされた、ADLCコーティングを施したチタニウム製ケースと、PVDコーティングされたダークなブリッジが特徴です。このモデルは10本の限定生産です。

スーパーコピー 代引き

家族の中には、物事に反抗したいという厄介者がいるものです。Place Vendome(プラス・ヴァンドーム)は、Czapekの3つのプロダクト・ファミリーの中で、最も洗練され、かつ複雑機構を備えたコレクションです。2017年に限定生産モデルとして発表された、プラチナ製とローズゴールド製の2つのモデルには、「サスペンド」トゥールビヨン、GMT機構、セカンドタイムゾーンでのナイトアンドデイ表示、そしてパワーリザーブ表示機構を備えた自社製のキャリバーが搭載されています。2019年のバーゼルワールドにて、Czapekは、このコレクションに新たに2モデルを追加投入しました。バゲットカットのダイアモンドをセッティングした豪華な「Etincelles(エタンセル)」と、ブラック・エナメルのダイアルリングを備えたチタニウム製のスポーティなモデル「Ombres(オンブル)」です。2020年の特別な高級時計のイベントであるGeneva Watch Days(ジュネーブ・ウォッチ・デイズ)にて、ジュネーブを本拠とするブランドは、プラス・ヴァンドーム・コレクションの「バッドボーイ」である「Dark Matter(ダークマター)」を発表します。

CZAPEK(チャペック) 2020新作 「もっともロックな」最上級コレクション。チャペック「プラス・ヴァンドーム ダークマター」
 新たに誕生したこのモデルは、チタニウム製のトゥールビヨン「オンブル」に触発されただけではなく、Czapekのポートフォリオを構成する他の時計の要素も取り入れています。グレード5のチタニウム製、43.5mm径のケースには、Faubourg de Cracovie(フォーブル・ド・クラコヴィ)クロノグラフのCourage every second(カレッジ・エヴリ・セコンド.いつも勇気を)バージョンと同様、ブラックのADLCコーティングが施されています。このユニークピースは、2019年11月9日に開催されたOnly Watchチャリティー・イベントに寄贈され、Christiesによるオークションにて110,000スイスフランにて落札されました。

 ダークマターの美しいブラックのブリッジは、Quai des Bergues(ケ・デ・ベルク)のブルーに加工されたゴールド製フルール・ド・リススタイルの針を製作したサプライヤーにてPVDコーティングされました。

 CzapekのCEOである、Xavier de Roquemaurel(ザビエル・デ・ロックモーレル)は、「プラス・ヴァンドームのラインは、まず最も魅力的なバージョンからスタートし、そして今、もっとも“ロックな” バージョンをリリースします。と語ります。そして「ローズゴールド製のモデルが完売したことは、このモデルに対する評価を証明していますが、Only Watchオークションでの成功は、コレクターが、最高の職人技で製作された、意外性のあるマテリアルのコンビネーションによるスポーティなモデルを熱望していることを示しました。」と続けました。

「Place Vendôme Dark Matter(プラス・ヴァンドーム ダークマター)」は、10本の限定生産で、ブランドの公式販売店で入手できます。

CZAPEK(チャペック) 2020新作 「もっともロックな」最上級コレクション。チャペック「プラス・ヴァンドーム ダークマター」
Place Vendôme Dark Matter
プラス・ヴァンドーム ダークマター
ケース径: 43.5mm
ケース素材:グレード5チタニウム(ADLCコーティング)
ストラップ:アリゲーター、チタニウム製ピンバックル
防水性: 5気圧防水(5atm)
ムーブメント:手巻き、Cal.SXH2(Chronode社とCzapek社により開発)、約60時間パワーリザーブ、毎時21,600振動(3Hz)
仕様:時・分表示(12時位置のダイアル)、ワンミニット・トゥールビヨン(8時位置)、セカンドタイムゾーン(4時位置、針は反時計回り)、ナイトアンドデイ・インディケーション(6時位置、セカンドタイムゾーンと連動、反時計方向に進行)、パワーリザーブ表示(12時位置、60時間のパワーリザーブを90度幅で表示。表示は反時計方向に進行)、ブラック・エナメル・ダイアルホワイトゴールドの針、面取りされたオープン・ラチェットケースバック、「ブラック・エナメル」ダイアルリング
限定:10本
予価:16,800,000円(税抜)

現代の飛行隊長の為に。グラハム「フォートレス」

2020年の新作としてグラハムより現代の飛行隊長に向けて製作された「フォートレス」が登場します。

スーパーコピー 代引き

今回のスーパーコピー新作「フォートレス」は、通常のクロノファイターとは異なる特別な機能を持ったものにと考えられていました。クラシックなスタイルながら、技術は極めて優れています。第二次世界大戦の空軍基準に沿ってデザインされた「フォートレス」は、珍しい自動巻モノプッシャー・クロノグラフ機能を搭載しています。スタートからストップ、リセットまで、リューズに統合されたプッシャー一つで操作できるようになっているのです。

もちろんグラハムの時計ですから、プッシャー付きリューズは左側の9時位置に配置し、この直径47mmのクロノグラフウォッチの操作を右手の親指で行えるようにしています。左利きの方でも、従来通り左手の人差し指でクロノグラフ操作を行うことが可能です。右利き、左利き、どちらにも対応できる、100本の限定エディションです。

フォートレス
FORTRESS
Ref.:2FOAS.B01A.L138F
ケース径:47mm
ケース素材:ステンレススティール
ストラップ:カーフレザー、ステンレススティール製フォールディングバックル
防水性:10気圧
ムーブメント:自動巻き、Cal.G1750、48時間パワーリザーブ、毎時28,800振動(4Hz)25石
仕様:時・分・秒・日付表示、両面無反射加工ドーム状サファイアクリスタル、スーパールミノバ付きインデックス・時分針、スモールセコンド、30分積算計
限定:100本
価格:800,000円(税抜)
発売予定:2020年10月

オーデマ ピゲがマーク・ロンソンの新ブランドアンバサダー就任を発表。

オーデマ ピゲコピーがマーク・ロンソンの新ブランドアンバサダー就任を発表。

スーパーコピー 代引き

オーデマ ピゲが、新たなブランドアンバサダーにイギリスとアメリカを拠点に活動するDJ、ソングライター、レコードプロデューサーのマーク・ロンソンを迎えると発表しました。マーク・ロンソンの決して妥協することのない、自由な精神に満ちた音楽的アプローチは、伝統と前衛性の交差上に確立されたブランドのアイデンティティと強く共鳴します。オーデマ ピゲが長年築いてきた音楽界との絆をさらに深める今回のパートナーシップから、今後多くのサプライズが発表される予定です。

世界的に知られるDJであり、またアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、7度のグラミー賞受賞を誇るアーティスト、プロデューサーであるマーク・ロンソンは、幼少期から音楽に魅了されてきました。1990年代後半にニューヨークでDJとしてデビューしたロンソンのファンク、ヒップホップ、ロックを融合したスタイルは高く評価され、2003年にはデビューアルバム「Here Comes The Fuzz」をリリースし、2007年に発表した革新的なアルバム「Version」により、一躍グローバルシーンへと躍り出ました。

ロンソンは、エイミー・ワインハウス、アデル、レディー・ガガ、マイリー・サイラスやクイ ーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジなど、多彩なアーティストとのコラボデーションを行ってきました。これまでに獲得したグラミー賞には、エイミー・ワインハウスのアルバム「Back To Black」でのプロデューサー・オブ・ザ・イヤー賞、ブルーノ・マーズとの共作「Uptown Funk」での最優秀レコード賞も含まれ、2018年には、映画「アリー / スター誕生(A Star Is Born)」内の楽曲“シャロウ(Shallow)”の共作者として、アカデミー歌曲賞を受賞しています。

スーパーコピー 代引き

2021年、マークはモーガン・ネヴィル制作のApple TV+ドキュメンタリーシリーズ、「Watch the Sound with Mark Ronson(マーク・ロンソンと音を目で楽しむ)」に、共同プロデューサーとして携わり、番組ホストを務めました。このシリーズでは、新しい技術が音楽のイノベーションで果たす役割に加え、創作プロセスについても詳しく紹介しています。また、毎回世界的な影響力を持つゲストを迎え、音楽や芸術性の過去、現在、未来について深く掘り下げて語り合う人気ポッドキャスト番組、「Fader Uncovered」のシーズン1、2でも番組ホストを務めました。

マーク・ロンソンとのパートナーシップは、オーデマ ピゲが 2019年から継続する音楽プログラムの理念とも合致しています。このプログラムは、ブランドがアーティスト間の対話や、多くの感情が生まれる唯一無二の出会いの機会創出を支援する目的で行っているものです。マーク・ロンソンはブランドアンバサダーとして、人々の心を動かす非凡な作品の創作に向け、個々の才能を伸ばすというオーデマ ピゲのミッションに共に取り組みます。1875年以来、マニュファクチュールがジュウ溪谷で育み支援してきた、才能ある職人たちのコミュニティとも響き合うミッションです。今後にご期待ください!

スーパーコピー 代引き

マーク・ロンソンは次のように語っています。
「APの工房を訪れ、ディテールにまで行き届く配慮や、アナログ機器と時計を生み出す情熱的なマエストロたちとの絶妙なコンビネーションを感じました。ものづくりや全力を注ぐという点で、私たちがヘリテージと向き合いながらスタジオで行っていることと、非常に似ています」

オーデマ ピゲ CEOのフランソワ-アンリ・ベナミアスは次のように述べています。
「協力して行うこと全てにエクセレンスを追求し、さらに高みを目指そうと私たちを鼓舞するマークのような人物とミッションを進められることを光栄に思います。私たちは互いの共通点を見つけたのです」