後藤の部屋

東洋医学編 「老いてインドに学ぶ」

 年も改まりすでに令和も5年になりました。先輩から年賀状がきて「後期高齢者になると元気もやる気も無くなって家で寝転がっている」とのことでした。若い頃、颯爽とした姿で厳しい指導をしていた姿と重ね合わせて、自分も残された時間は限りがあると年の初めに貴重な教えを受けました。

 コロナのおかげで多くの学会や勉強会が、インターネットでも参加できるようになりました。以前から勉強したいと思ったことをより簡便に勉強できるようになったので、最近インドの医学を勉強しています。インドは古代文明の発祥の地の一つで、数千年前から独特の養生法が行われていましたが、高齢化が進む日本にとって参考になることが多いようです。外来で「年は取りたくないねぇ」と嘆かれる患者さんがたくさんおられます。日本では老いを歓迎しない風潮があるようですが、インドでは高齢だからこそやるべきことがあるというのが素晴らしい。60歳までは社会で自己実現を果たしながら成長を重ね幸福を味わう時間とされており、60歳を過ぎれば成熟した心を持って本格的に社会貢献をする時間、80歳を越えれば平和な心と体験からくる豊かな知恵を持って人生の師として存在する、とされています。80歳で人生の師となることを目標にして、平和な心でただ存在するのが到達点だと考えれば年をとるのも楽しくなりませんか。

 高齢者の運動について「どのくらいやったら良いですか?」とよく聞かれますが、教科書的な1日8000歩歩くのはなかなか難しいようです。認知症の学会で1日4000歩を下回ると寿命が短くなるという統計の結果が発表されていましたが、そもそも各個人でふさわしい運動量が異なるのではないかと思っていて、これまでは目分量で元気がある人には多めにそうでもない人には少なめに歩くことを勧めていました。インドでは体力の半分まで運動するようにとされているようです。脇の下などに汗がにじむくらいが体力の半分くらいとされており一つの基準となるでしょう。呼吸が乱れたら運動をやめるようにとも言われているようです。個人差の大きな高齢者は一律の数値目標ではなく、その日その日の体調に合わせて適度の運動をすることが大事だと思います。

 睡眠についてはインドでも早寝早起きが良いと言われいますが、いつ起きたら良いかといことは明確に示されており、日の出の96分前とされています。何のこっちゃと思ったのですが、実際にその時間に起きるようしたところ確かに体調が良い。夏と冬では日の出の時間が違う訳で、お日様の運行に合わせて寝起きする方がより理にかなっているのでしょう。睡眠時間も夏は短く冬は長くなるのが生理的であるといわれます。そんなに早く起きて何をするのかといえば、ヨガであったり瞑想であったりやることはたくさんあるようですが、ただ思索するのもよいようです。早く起きても頭はぼんやりしているので朝はお金の勘定や具体的問題の解決には向きません。朝は、より本質的な平和な心で生きるために必要な知恵などを静かに考えるのによいようです。そんな時にテレビやネットを見るのはもったいないと思うようになりました。年をとるとともに仕事は減ることが多く、それはつまり自由が増えることを意味します。もう若くはないと嘆くより、今までの生き方を離れて与えられた時間の中でより有意義に過ごすように生き方を変えるのもよいのでは。

 ウクライナの戦争は続き、コロナは新たな変異種が広がって世界の混乱に終わりが見えません。不安定な時代ですから不安に駆られるでしょうが、今を乗り切るためにはまず健康であることが必要です。この時代に負けないために養生しましょう



2023年01月17日

特別編 「老いた、転んだ、そして解った」

 生きていれば歳はとるもので、65歳となり前期高齢者の仲間入りとなりました。すでに鬼籍に入った同級生もいる中ひとまずめでたいことです。最近は以前のようにスイスイ歩けませんが特に困ることもありませんでした。しかし、先日昔ながらの箱積みの八百屋さんで買い物している時に狭い通路の向こうからお婆さんが来たので、道を開けようと横にずれたら何かにつまづいて見事にひっくり返ってしまいました。以前転倒防止のために四股を踏みましょうと書いたことを思い出し、四股が足りなかったのかと思いましたが何か違うようです。ではなぜと考えて歩いていたら、交差点の信号が青になったので走って渡ろうとしたところ、今度は脚がもつれてオットットと転びそうになりました。とっさに四股の鍛錬を思い出し、股関節をグイッと外回しに固定して踏ん張って転ばずにすみました。それで解ったのですが、転倒防止に四股を踏むのは有効です。倒れそうになった時に時間と空間に余裕があれば四股を思い出して踏ん張れば倒れません。つまり今回八百屋で転んだのは時間と空間がなかったためです。

 そもそも高齢者の転倒の原因として挙げらるものは①加齢による身体機能の低下、②病気や薬の影響、③運動不足と言われています。今回転倒した原因は①の加齢による身体機能の低下、とっさに動けなかったためでしょう。

 筋肉を動かす筋繊維には2種類あります。早く動いてすぐ疲れる速筋とゆっくり動いて持久力のある遅筋ですが、老化で早く衰えるのは速筋です。歳をとると素早く動けません。ネズミの寿命は短く亀は長生きです。速筋を鍛えれば良いでしょうが、マスターズの短距離の記録を見ても加齢によって確実に遅くなります。そしてとっさに動くことは筋肉だけの問題ではなく神経も関係します。こちらも老化の影響を受けて反応が遅くなります。関節も動きにくくなります。結論として歳をとると複合的な原因で転びやすくなります。仕方ない。

 高齢者にとって転ぶと大怪我をするので転ばないことは生きる上での重要事項です。外来に来られる患者さんには工夫して努力しておられる人がおられます。毎日絶対転ぶものかと気合を入れて生活されている人もいます。ジムに行って鍛えている人もいます。四股の運動をしている人もいます。転びそうな危ない所は行かないという人もいます。家に手すりをつけた人もいます。薬が増えると転びやすくなるからと飲む薬を減らそうとしている人もいます。さまざまな努力をしつつ骨粗鬆症の治療をして骨を丈夫にして、もし転んでも骨が折れにくいようにすることが現時点でできる最善の方法のようです。

 今回転んで解ったのは、自分も高齢者となったからには転ぶことはあるということです。患者さんに向かって転倒して骨折しないようにお話しするのが仕事ですので、もし転倒して骨折したのでは面目がありません。日々抜かりなく緊張感を持って生活するとともに転倒防止について自らの身体を使って研究を深めていきたいと思います。


2022年11月24日

漢方編その8 冷えて痛い季節到来

 寒い日が多くなりました。冷たい水に足をつけてしばらくすると痛みを感じます。冷えは痛みの原因になります。この時期今までにない痛みがあったと来院された方には、とりあえず「お風呂に入って温まると痛みは強くなりますか?楽になりますか?」とお聞きします。楽になる場合はほとんど冷えが原因ですので暖めるのが一番の治療です。手先足先から冷えやすいので手袋、足袋で冷やさないのが一番ですが、もし冷えたら足湯、手湯などで温めるのがよいでしょう。お湯の方がストーブに当たるより暖まります。お灸も効果があります。漢方薬で冷えに効果のあるものもありますので冷えて痛い時はご相談ください。毎年のことですがいよいよ冷えて痛い季節の到来です。温暖化とは言いながら予報では今年の冬も寒そうです。

 ウクライナの戦争が激化しています。市民は攻撃しないと言いながら、発電施設を攻撃して、寒い冬を暖房なしで過ごすことを強要しています。寒波が来れば大勢の市民が亡くなるでしょう。自分達が軍隊を送って占領した場所を無理矢理併合してそこを防衛するためにはあらゆる手段を使うぞという自分勝手な理屈が通っています。部分と言いわけして市民を動員して戦場に行かせ、死なせている、恐ろしいことです。戦争がよくないのは当然です。大事なのは戦争を起こさない指導者を選ぶことです。歴史を見ればヒトラーも選挙で選ばれました。ロシアの運命はロシア人が選んだものですが、そこから学ばなければなりません。

 ウクライナは遠い国ですが、日本のお隣の朝鮮半島でも北朝鮮がミサイルを次々発射して危険な状態になっています。北朝鮮側から見れば、戦略爆撃機を含めた200機以上の航空機が訓練していて恐怖があるのでしょう。北朝鮮からミサイルがロシアに行かないように恐怖心を煽って撃たせているというのは考えすぎでしょうか。ロシア軍の苦戦で東アジアの軍事バランスが変化しています、近くで偶発的かもしかしたら意図した戦争が始まらなければよいのですが。ミサイルが日本の上空を通過すると警報がなりましたが、防空壕も無いし、どのように行動するか訓練もしていない。地震や火事の訓練はやっているのでその延長で準備を始めてもよいかもしれません。絶対起きないとは言い切れない朝鮮半島情勢となっています。

 ソウルの繁華街で若者が密集して150人以上が圧死する事故が起きました。警備や誘導に問題があったのは当然ですが、そもそもハローウィンで馬鹿騒ぎすることが、間違っています。アメリカに住んでた時にハローウィンをやってましたが、仮装するのは子供で近所の家を訪れてお菓子をもらうという行事でした。大人は子供の安全のためについて見守りました。とても静かなお祭りでした。「キュート!(かわいい)」と言って子供にお菓子をあげるおじいちゃんが嬉しそうだったなあ。それが日本や韓国に来て、酒を飲んで仮装して大騒ぎするようになったのは実に馬鹿げている。日本の田舎でも酔っ払ってお面をつけて大騒ぎする祭りもありますが、お互い知っている者同士なので、閉鎖社会のガス抜きのような役目はあるのでしょう。しかしソウルや渋谷での騒ぎは全く知らないものが集まって酒の勢いで旅の恥はかき捨てでやりたい放題、何の意味があるのでしょう。街はゴミだめになり今回のような大事故も起きました。初心に返ってハローウィンはご近所で静かに楽しむことをお勧めします。人生には質の良い楽しみが必要です。命を失うような楽しみは無い方がいい。

 コロナ感染者がまた増加しています。インフルエンザも流行しそうなのでワクチンで予防できるものは予防しましょう。コロナワクチンの後の肩の痛みで来院される方もいますが、コロナ感染後の倦怠感などの症状で来られる方もいます。私の印象では感染後の方が症状は長引くようです。もちろんワクチン接種するかしないかはご本人の判断ですが。


2022年11月09日
» 続きを読む