新築・リフォーム等住まいに関する工事を行っております
お問い合わせはお気軽にどうぞ

TEL 046-274-3931  FAX 046-275-5294

E-mail : tf-reds@mub.biglobe.ne.jp

神奈川県大和市南林間で新築・リフォーム等住まいに関する工事を行う藤田工務店

コンテンツ
U邸床暖房工事
会社案内 住まいの健康診断 エクステリア特集 リフォーム特集 施工例 実況中継 ご相談・お見積もり TOP コンテンツ
工事の流れ
現在のフローリングを撤去せずに、床暖房を行いました。
現在のフローリングに@下地コンパネ
               A床暖房フィルム
                 B新しいフローリング
                      の順番で張っていきます。






現在の床を撤去せずに行う方式を採用しましたので、
下地のコンパネに溝を作り配線するタイプのフィルムを使用しました。
(このタイプは床上配線タイプと言います。)
  外装改修工事 (ベランダ・階段外壁サイディング屋上防水) 屋根工事  シロアリ駆除工事
          塗装工事
   室内工事 畳→フローリング及び床暖房工事 床張り増し及び床暖房工事 床改修工事 
          ユニットバス工事1 ユニットバス工事2 トイレ改修工事1  トイレ改修工事2 エコキュート設置工事 
          システムキッチン交換工事 システムキッチンIHクッキングヒーター工事 
   マンション 水廻りLDK浴室洗面所
   バリアフリー 手すり(屋内 | 屋外) 段差スロープ 
  ペットリフォーム 腰壁設置 
  ガーデニング 花壇 
  新築工事(地盤調査・設計基礎
  耐震 部位別(押入編和室編外壁編大和市の補助金を使った耐震補強工事) 
  耐震補強工事の種類構造用合板の壁補強筋かいの壁補強金物による接合部の固定屋根の軽量化
          |基礎打ち増しによる基礎補強エポキシ樹脂の基礎補強アラミド繊維による基礎補強| )

  外装改修工事 (ベランダ・階段外壁サイディング屋上防水) 屋根工事  シロアリ駆除工事
          塗装工事
   室内工事 畳→フローリング及び床暖房工事 床張り増し及び床暖房工事 床改修工事 
          ユニットバス工事1 ユニットバス工事2 トイレ改修工事1  トイレ改修工事2 エコキュート設置工事 
          システムキッチン交換工事 システムキッチンIHクッキングヒーター工事 
   マンション 水廻りLDK浴室洗面所
   バリアフリー 手すり(屋内 | 屋外) 段差スロープ 
  ペットリフォーム 腰壁設置 
  ガーデニング 花壇 
  新築工事(地盤調査・設計基礎
  耐震 部位別(押入編和室編外壁編大和市の補助金を使った耐震補強工事) 
  耐震補強工事の種類構造用合板の壁補強筋かいの壁補強金物による接合部の固定屋根の軽量化
          |基礎打ち増しによる基礎補強エポキシ樹脂の基礎補強アラミド繊維による基礎補強| )


TOPご相談・お見積もり実況中継施工例リフォーム特集エクステリア特集住まいの健康診断会社案内

お問い合わせはお気軽にどうぞ   有限会社 藤田工務店
TEL 046-274-3931  FAX 046-275-5294   E-mail : tf-reds@mub.biglobe.ne.jp








床暖房についてのご質問や概算価格等のお問い合わせ受付けております。
概算価格表も用意しております。概算価格表が必要な方もどうぞお気軽に。

床暖房お問い合わせはこちら
お問い合わせ(床暖房)
下地コンパネ張り 元のフローリング(右上)の上に
下地のコンパネを張っていきます。
フィルム敷き 下地コンパネを張り終わり、
床暖房のフィルムを敷いてみて、
位置を確認します。。
フィルム張り フィルムを張りました。
今回は下地のコンパネに溝を作り
床暖房の線の通り道を作って
床暖房の配線を行います。
(床上配線タイプ)
配線アップ 配線のアップ写真です。

コンパネ下地に溝を作り、作った溝を
床暖房の配線(灰色・黒の線)が通っています。


今回のように、フローリングを
張り増し(重ね張り)して
床暖房にする場合や床下に配線スペースが
ない場合には、このタイプを使用します。




床下にスペースのある場合は、
床下配線タイプをお薦めいたします。
床下配線タイプのページを御覧下さい。
フローリング張り フローリングを張ります。

熱による接着剤の剥がれに強い
床暖房対応のフローリング材料を使用します。
コーキング 今回のように元のフローロングを撤去せずに施工すると
建具や壁沿いに隙間が出来る場合があります。
(乾燥や湿気により木は反ったり、収縮したりして、
 年月が経つと壁等に微妙な歪みが出てくる為です。)
壁の隙間は巾木の交換やコーキングで対応できます。
建具との隙間は、コーキングで対応します。

←コーキングを行っている写真です。
完了 フローリングが張り終わりました。

これで完成です。