本文へスキップ

富田林寺内町の探訪

江戸時代の町並みが残る寺内町(じないまち)をご紹介します

大阪市内から近鉄電車で富田林駅まで30分。駅から徒歩10分。
ひっそりとした佇まいを残すお寺や町家を巡りながら、お手軽な歴史散歩に出かけてみませんか? 皆様のお越しをお待ちしています。

歴史逸話(富田林郡役所跡)

「石上露子を語る集い」の芝昇一代表(当時、故人)が2004年10月10日(日)午後に富田林市立中央公民館講座室で開催された同会10月例会の席上で講演された講演録です。講演内容は「富田林市史」をはじめ各種資料などから引用・ご朗読されたものです。同会会報10月号「小板橋」(第五十四号)に収録されました文章をそのまま転載させて頂きました。(2004年10月10日講演録から引用、管理人)
明治11年(1878年)7月22日府県の下に郡・区を置き、郡・町・村の区域・名称は従来のままとし、郡には、郡長一人、区には区長一人を置くことになったが、小さい郡の場合は数郡に郡長一人を置くことができた。町村には戸長一人を置くのを原則としたが、数町村に一人の戸長を置くこともできた。

河内国には、古市・八尾・枚方の3郡に役所が置かれることになった。石川・古市・安宿部(やすかべ)・錦部・八上(やかみ)・丹南・志紀の七郡の郡役所は古市郡古市村(現羽曳野市)真蓮寺に置かれた。区長・郡長は官選で初代郡長には、稲垣謙蔵が任命された。明治14年2月、堺県は大阪府に合併されるが、そのころから石川・錦部両郡で郡役所を富田林に移転する運動が高まった。

古市は東北に偏し輻輳の地ともいえず、管内第一の市街地で交通の要所である富田林への移転は趨勢となっていた。 曲折を経て、16年1月20日郡役所は富田林に移転、しばらく富田林御坊 (興正寺別院)に置かれていたが、富田林西林に土地を買収して新築した。

敷地面積は四百十七坪、庁舎は木造瓦葺平屋七棟で、建坪は百三十六・八坪で費用は総額で二千二百十三円三十銭、そのうち千四百円が地方税から支出され、残り八百十三円三十銭は寄付金で賄われた。工事は十八年八月九日始まり、十月三十日に竣工、十一月一日に竣工式を挙げた。 (芝昇一 記、敬称略)
 
寺内町の成立と歴史  歴史逸話
寺内町の成立と歴史 宗教自治都市
寺内町の成立と歴史 在郷町としての発展
寺内町の成立と歴史 繁栄と衰退
寺内町の成立と歴史 繁栄と衰退(昭和40・50年代の頃)
吉田松陰 仲村家に滞在 - 嘉永六年二月・三月
桜田門外の変と富田林の木綿問屋
大久保利通が杉山邸に来たこと
郡役所新築に対する葛原氏の意見書 明治十八年
富田林開発記念碑 興正寺別院
木沢与平氏の「年代記」
富田林駅前の「楠氏遺跡里程標」
浄谷寺の釣鐘
歴史的建造物(一覧)  建築様式
歴史的建造物一覧(寺院・町家)
歴史的建造物一覧(寺院・町家)(続き)
歴史的建造物一覧表(寺院・町家)
寺内町の建築様式
寺内町の建築様式(続き)
寺内町の町割(都市計画)・交通 歴史的町並み景観の保存・地域コミュニティー活性化
寺内町の町割(都市計画
東高野街道と石川の舟運
寺内町の入口(街道口)
歴史的町並み景観の保存
歴史的町並み景観の保存(続き)
寺内町の景観(保存・美化・調和)
富田林寺内町をまもりそだてる会
地域活性化への取り組み
 「カラー 歴史の町並」(文・那谷敏郎 写真・橋本治朗、淡交社刊、1975年初版)
既に絶版になっている書籍ですが、富田林市中央図書館の蔵書の中から見つけた1冊です。全国各地の歴史的町並みを著者が訪ねて書かれた紀行文で、富田林にも足を運んでおられます。富田林寺内町の歴史について、エッセー風にわかりやすい文章で記されており、小生のお気に入りです。出版社である淡交社編集部の事前許諾を頂戴しましたので、抜粋・引用の上、紹介させて頂きました。 (2012年9月10日、管理人)


Information

幕末の庄屋・仲村長右衛門の旧宅跡、
後の富田林郡役所跡の石垣(西林町

ボランティア・ガイド

団体でお越しの場合には、地元のボランティア・ガイドによるご案内も可能です。(事前のお申込みが必要)

ガイドのお問い合わせや事前のお申込みは下記のじないまち交流館までお電話ください。

じないまち交流館
〒584-0033
大阪市富田林市富田林町9-29
TEL.0721-26-0110
FAX.0721-26-0110
(午前10時~午後5時、月曜休館)

ナビゲーション